読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

他人と比較しない方法

今日は比較をやめるお話。 「あの人はちゃんと出来ているのに私は出来ない。」 「私はちゃんとやっているのに、どうしてこの人はこんなことくらいも出来ないのか。」

あなたの人生の目的はあなたが自分の人生を100%楽しむことです

今日は人生を楽しむお話。 人生を楽しむ。 あなたは人生を今楽しめていますか?

気がつかないうちに疲れていることがありませんか ~こころと身体を休めてあげましょう~

今日は休むことのお話。 今この記事を朝起きて書いています。

自分のダメ出ししてませんか? もっと自分と仲良くなって自分を甘やかしてあげましょう

職場や家庭、友人関係に趣味。 私たちは毎日いろいろな場所でいろいろな自分として活動しています。 その中では上手くいくこともあれば、当然、上手くいかないことも・・・。

自分へのご褒美は先延ばしにしなくてよいのです

自分へのご褒美は先延ばしにしなくてよいのです “今日のお題”今日、幸せに感じたことは何ですか? 今日は日々の生活の中に幸せを感じてもらいたいお話。 私たちは、少しでもなりたい自分に近づきたい、自分も周りの人達も幸せなになって充実した人生を送りた…

「何もかも面倒くさい!」と思ったらやめちゃおう

今日は面倒くさいならやめちゃおうってお話。 何もかも面倒くさい!ってなるときありませんか? 仕事に行くのも面倒くさい。 電話に出るのも面倒くさい。

自分の思考が現実を作る 自由な思考でなりたい現実を自由に作ろう

今日は思考と現実のお話。 今日、実は、私、朝寝過ごしてしまいました。家族に「今日は仕事に行かないの?具合でも悪いの?」の声を掛けられて、初めて目が覚めました。時間は既にいつも起きる時間よりも50分過ぎていました。

本当にそれ必要ですか?いらないものを手放して軽やかに生きよう‼

クローゼットの中の洋服、デスクの上の本屋や写真、食器や家電製品、あなたが住んでいる家や土地、資産、お仕事や学歴。 今のあなたの周りには、たくさんのものがあると思います。 形の有るもの、ないもの、様々なものがたぶんありますね。

感謝の気持ちがあってもなくても幸せな気持ちを感じていい

今日は、感謝することが出来ないときのお話。 最近、よく「感謝する心を持ちましょう。」とか、「人生を良くするには、日々の生活に感謝することが大切です。」なんて言葉をよく耳にしたり目にしたります。「感謝」は尊い気持ちですし、生活の中にたくさんの…

人生をコントロールしようとしない 人生の波に乗って楽に生きる

今日は人生を楽に進めていくお話。 最近ツイてないな。 最近、何かうまくいかないなって時があると思います。

出会いをもっと楽しもうと思いました

今日はちょっとコーヒーと出会いのお話。 今日、とある1人の男性にお会いしました。

誰でも頑張ることをやめて 自分が本当にやりたいことをやっていい

今日は頑張ることをやめるお話。 最近、 「自分が好きなことをやって生きていく。」っていう フレーズを良く聞きますよね。

「自分の幸せ」は自分で決めてよいし 自分で幸せを決めることはスキルである

今日は幸せを感じることのお話。 「あれがあったら幸せ。」 「こうなれたら幸せ。」 「こうじゃないから幸せじゃない。」 「あうじゃないから幸せじゃない。」

今、ここ 子供のころに戻ってマインドフルネスに生きること

今日は子供とマインドフルネスのお話。 私には妹が1人いるのですが、 彼女は、3人の子供のママです。 6歳の長男 3歳の長女 今日でちょうど4か月になる次女。 3人の子供たちは、 私にいろいろなことを教えてくれます。

今の問題に意識を向け、未来にビジョンを持つことが出来れば、方法は全然わからなくても遅かれ早かれ解決する

私が育った家庭は、両親の気分が優先される家庭でした。 母は自分に嫌なことがあれば、私を大きな声で怒鳴り、八つ当たりをしていました。 大人になってから私が母から直接言われたので、私の勘違いや思い込みではなく事実です。 父は自分のことがまず先で、…

比較と競争の世界を手放して本当の自分を生きてみると、なりたかった自分になれる

私は、ずっと比較、競争の中で生きてきました。常に自分と誰かを比較して、常に誰かより優秀を感じたくて、常に誰かに勝ちたくて、常に優越感を感じたくて、比較しまくって、競争しまくってきました。常に優秀でありたい。常に勝ちたい。常に優越感を感じた…

目の前の現実は実は自分が決めている。自分を知って思いどおり人生を生きよう

自分がどういう人であるのか 自分がどういう現実を生きているのかを 決めているのは、 社会や家庭の中でもポジションや、 外からの評価や評判などではなく、 自分の意識が、 自分がどういう人であるかを 自分がどういう現実を生きているのかを 決めています…

それでもたった1人のカウンセラーとの出会いで人生が変わることだってある

前回のつづきです。heartwarminglife.hatenablog.com 毎日が、 ダメに埋め尽くされた私は、 ついに、 生きている意味が 全然わからなくなってしまいました。 何をしていても楽しくない。 誰といても心が安らがない。 何を食べても美味しくない。 と言うか、 …