自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

お金をいただいて提供するということ

f:id:erumo0225:20170625092452j:plain

 

今日はお金をいただくことのお話。

 

 

今私は、私のサービスを希望してくださる方からお金をいただいています。

私からのサービスに対して同じだけの対価をいただいています。

 

ですが、最初は「お金、対価をいただく」ことにものすごく抵抗がありました。

  

コラムを書いたり、私に相談をしてくださる方のお話を聞くことは、私にとっては、とても当たり前のことで、何の努力や苦労もなく簡単にできることでした。だから、誰でもやっているし、誰でもできるし、誰にとっても当たり前のこととしてとらえていました。

 

ですが、コラムを書き終えたり、相談が終わると、
「これってあなたの才能だよね。もっとちゃんとやった方がいいよ。」
と必ず言われるのです。

 

しかも、「ちゃんとやりなさい」と言ってくださるのはプロの方からです。
しかも、こちらがビックリしてしまうような実力も人気のあるプロの方。

 

「ちゃんとやりなさい」と言われても、私自身は、息を吸ったり吐いたりすることと、同じくらい自然にやっていることなので、「誰でもできることにお金を払う人はいないでしょ?」、「誰でもできることだから、自分がやることには価値がない」と思っていました。

 

だから、何年も無料で書き物を引き受けたり、相談を受けたりしていました。
無料であっても自分が誰かに「ありがとう」と言われると嬉しかったです。

 

ですが、
誰でもできること」だったら、誰も私には頼まないのです。
「誰でもできること」であれば、その人は、「自分でやる」でしょう。
「誰でもできること」であるはずのことを敢えて「私」がやっているのであれば、「私」は「その人」に「その人ができないこと」を提供しています。

仮に
「誰でもできること」であっても、「その人」の替わりに「私」がやるのであれば、「私」は「その人」に「私の時間」を提供しています。

 

「その人」は「私」の中に「その人」にはない価値を見出したので、「私」に頼んでいたのです。「その人」にはない価値が「私の書き物」であれ「私への相談」であれ、「私の時間」であれ。

 

私は自分ではない「その人」が「私」に価値を見出していたことには、全く気が付いていなかったので、当然対価が発生するとは考えないですし、むしろ、「私に頼んでくれるなんて、とっても嬉しい」と思っていました。

 

私たちは、自分の中に大きい、小さいの差はあれ、必ず「承認欲求」があります。「自分が誰かに必要とされていることを実感したい」といつも思っているのです。
承認欲求があるからこそ、「私に頼んでくれるなんて、とっても嬉しい」という感情が生まれますし、これは人間として自然な反応です。

 

ですが、私たちは生きていますから、感情も常に変わっていきます。
いつもいつも、こちらは提供し、相手は「ありがとう」だけで提供していると、いつか、この関係には綻びが生まれます。

 

「『ありがとう』って言われることは確かに嬉しいけど、私には何も残らない。」

「相手は満足をカタチで受け取って帰るのに、私が受け取るのキモチだけ。」

 

自分の才能は、自分の中からあふれ出てくるものですから、今は、カタチはありません。自分の才能は、自分が元々持っているものだから、今は、何の苦労もなく、ヒョイと出し入れすることができます。存部に発揮することができます。

 

どんなに才能豊かな人で、自分が元々たくさん持っていても、最初から存分に発揮できる人はいません。

野球のイチロー選手にしても、サッカーの本田選手にしても、子どもの頃から超一流ではなかったでしょう。何年も何年も、毎日毎日、くり返しトレーニングや練習、メンタルを鍛えることによって、世界で通じる超一流の選手になるのです。
もちろん、お二人ともそれぞれの種目が大好きだったから、楽しいし何年も続けられたけど、それでもたくさんのプロセスがあったでしょう。

程度の差こそありますが、私たちが自分の才能であっても、「何の苦労もなく、ヒョイと出し入れする」に至るまでには、やはり、自分自身の中で、何かの訓練や練習など何かプロセスがあるのです。自分自身は、楽しくてやっていることだから気が付かないですが。

 

あなたが、あなたでない誰かに、あなたの中の何かを提供するときは、対価を受け取りましょう。

 

あなたにはその価値があります。あなたが楽に、楽しく、簡単に出来てしまうことであっても、提供することには誰かにとっては必ず価値があります。

 

私もこの考えに気が付いてからは、私からのサービスに対して同じだけの対価をいただいています。

 

あなたも私も本当にスゴイのです。
あなたも私も本当に価値があるのです。

 

ちゃんと自分をスゴイと認めて、ちゃんと受け取りましょう。
ちゃんと自分に価値を認めて、ちゃんと受け取りましょう。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。

 

☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡

おしらせ

女性のための個人向けセッションをやっています。
本当の自分に気づいて、自分の人生を自分で歩いて行きたい人を
応援しています。
詳細・お申込みはこちらからどうぞ。

 

peraichi.com

☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡