読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

それでもたった1人のカウンセラーとの出会いで人生が変わることだってある

f:id:erumo0225:20160822230542j:plain

前回のつづきです。heartwarminglife.hatenablog.com

毎日が、 ダメに埋め尽くされた私は、

ついに、 生きている意味が 全然わからなくなってしまいました。

何をしていても楽しくない。 誰といても心が安らがない。 何を食べても美味しくない。

と言うか、 「何も感じない」自分に なってしまったのです。

思いっきり自分の感情に フタをして生きてきたので、 感覚がマヒしてしまっていたのです。

自分の感情にフタをしてしまうことについては、 また別の機会に書きますね。

どうやったら死ねるかな。 どこで死ねばいいのかな。 どうすれば誰にも迷惑をかけないで死ねるかな。 (死ぬ時すら周りに気を使ってました(^_^;))

四六時中そんなことばかりを考えていました。

仕事をしていても、 自然に涙が出てくる。。。

どうしたらもわからない私は、 いつもどおりに仕事に行きました。

けど、 仕事には集中できない、 そもそも手に着かない。

それでも、予定はどんどん入ってくる。

集中出来ない自分。 無気力な自分。 仕事が出来ない自分

だけど、

予定がパンパンの自分。 誰にも相談出来ない自分。

どこにももっていきようのない 苦しさでいっぱいでした。

この苦しさは、 どこまで行っても 24時間ずっと私を追いかけてきました。

この苦しみから逃げたい。

でも、 直ぐにこれをかき消すような こんな言葉が浮かんできます。

逃げたら負け。 逃げたらダメな自分になる。

だけど、 この状況を何とかしたい。 苦しさから逃れたい。

こんなことを 1ヶ月ほど繰り返していました。

そして、 精神的にも、 体力的にも、 限界を迎えた時、

やっと この思いが 自分からわき出てきました。

「もう出来ない・・・。」

ずっと、 ずっと、 ずっーーーーーーーーーーーと・・・。

この一言が言えなくて、 頑張ってきました。

この一言を言ったら、 自分がダメな人間になると思って、 言えませんでした。

自分には出来る。 自分ひとりで頑張れば出来る。 人を頼ったら自分はダメ。 自分には出来る。

追い詰められた私は、 今まで考えたこともなかった、 メンタルカウンセリングを受けるため、

無意識のうちに、 必死でネットを検索していました。

何人かのカウンセラーさんと お話をさせてもらいましたが、

「こちらの時間に合わせてもらわないとダメ。」 「そんな考え方は捨てないとダメ。」 「実はあなたは他者に依存している。 そんなあなたはダメ。」

またしても、 ダメでいっぱい(笑)

「やっぱり私はダメ人間・・・。」と、 諦めかけていた時に、 素敵なカウンセラーさんに会うことができました。

最初にその方に言われたことが、

「あなたはダメではありません。」 「あなたは十分頑張りました。」 「私も一緒に考えるからもう大丈夫です。」

今まで 誰かにいってもらいたかった一言を やっと言ってもらえたような気がしました。

ここから、 私の「本当の自分を取り戻す旅」が 始まりました。

前の私のように、 今の自分がツラい人は たくさんいると思います。

「頑張っても、頑張っても良くならない。 そんな自分はダメな人。」

「もっともっと頑張って、 ダメな自分から脱出しなきゃ。」

突然こんなことを言われても、 「そんなこと言っても私はダメなの!!」 「もっと優れた自分にならなきゃダメなの!!」 と、思うかもしれません。

あなたの気持ちは、 とても良くわかります。

かつての私がそうでしたから。

以前に比べたら、 ずいぶん和らぎましたが、

まだまだ私も、 「自分はダメだなぁ・・・。」って 思うことがあります。

これだけは、 断言させてくださいね。

「あなたはダメではないのです。」

これまでも、ダメではなかったし 今も、ダメではないし もちろん、これからも絶対にダメではありません。

もう一回言いますね。 「あなたはダメではないのです。」

今はこの言葉を受入れ難いと思います。

だって、 ずっとダメ出ししてきたのですから、 そんなに急には考え方を変えられませんよね。

ですから、今は「は?何言ってんの、この人??」くらいで良いです。

後でジワジワと効いてきますから(笑)

どんな風に効いてくるのかは、 これからのお楽しみ。

今日も読んでくださってありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。