読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

いつも女性が笑顔でいる社会が健全な社会だと思う

アラフォー 自分を大切にする

f:id:erumo0225:20160909002844p:plain

今日のFacebookで見た記事です。

 

toyokeizai.net

今、日本は、

単身で暮らす20~64歳の女性の

3人に1人(32%)が貧困の状態にあるのだそうです。

さらに65歳以上の単身女性になると47%と

半数に迫る勢いなのだそうです。

 

 

 

彼女たちは、

今まで何をしてきたのか。

 

決して楽をしようとか、

贅沢をしようとかしていたわけでは

ないと思うのです。

 

どちらかといえば、

真面目に、

一生懸命に、

勉強したり、

働いていた人の方が

多いのだと思います。

 

だけど、

いつの間にか、

経済的に自立できなくなってしまった。

 

そして、

こういう真面目な人ほど、

経済的、社会的に自立できていない

自分に自信が持てなくて、

 

男性とお付き合いをしたり、

結婚に踏み切る勇気を持てずに

ますます、社会から孤立してしまう。

 

こういう負のスパイラルを

どんどん自らはまっていってしまうのです。

 

こうなってしまうと、

一人の普通の女性が、

自分の力だけで

このスパイラルから抜け出すことは、

本当に難しいと思います。

 

女性が一人で悩む社会。

女性が一人で孤立してしまう社会。

女性が人として生き方を選べない社会。

 

 

これって、

成熟した社会なのでしょうか。

 

女性のあり方って、

その社会のバロメーターだと思うのです。

 

女性がイキイキとしていて、

普通の生活を送っている。

 

こういう社会は健全だと思うし、

社会はこうあるべきだと思うのです。

 

確かに、

女性は人生の中で

自分で望むと望まざると

様々な顔を持ちます。

 

娘であって、

姉や妹であって、

女の人であって、

彼女であって、

母であって、

妻であって、

部下や上司であって。

 

 

いろいろな顔を

時間単位で使い分けないといけないから、

 

本当に忙しいし、目まぐるしいし、

嫌になってしまうこともあるけど、

 

でも、それが嬉しかったり、

楽しかったりもします。

 

でも、

それを味わうことが出来ない女性がいる。

 

いつも

苦しそうに、

辛そうに、

下を向いている女性がいる。

 

これって、

個人の努力ではなくて、

社会の問題として、

みんなで解決しないと

いけない問題だと思います。

 

まずは、

経済的に自立を出来る力をつけてもらうこと。

 

経済的に自立できれば、

人生の選択の幅がグンと広がります。

 

パートナーと一緒に過ごすことも

選べますし、

一人でいることも

選ぶことができます。

 

 

どちらを選んでも、

自分で選んでいるから、

納得ができるし、

自信が持てる。

 

社会的にも自立が出来るのです。

 

女性が笑顔でいられるようになるのです。

 

成熟した

先進国であれば、

このくらいのことは目指したい。

 

こういう世の中が

実現出来たら、

 

もっと日本は

明日に希望の持てる国に

なるのではないかなぁと思います。

 

ここで語られた女性は、

明日の私かもしれません。

 

他人事ではないなと思います。

 

たった一度のつまずきで

再生できない、厳しい世の中。

 

つまずいちゃっても、

それを糧に再生できる

日本であって欲しいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。