自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

人生はいろいろあってもよくて、たまには失敗しちゃってもいい

f:id:erumo0225:20160827160702j:plain



毎日生きていると
いろんなことが起こりますよね。

朝の通勤電車に乗り遅れた。
会社で上司に怒られた。
スマホのカメラが壊れた。
友人の愚痴や不満を2時間聞いた。


毎日の生活の中には
今の自分にとって良いこともあれば、
今の自分にとって悪いこともあります。


そして、
良いこともたくさんあったのに、
それはすっかり忘れて、

ほんの少しの悪いことだけは
めちゃめちゃ覚えている。


人間の脳は、
種を守る本能的な仕組みとして、
「悪いこと」が起こったことの方に
より注意を向けるように出来ているそうです。


これは人間である
私にもあなたにも当てはまります。


自分が生き残って行くために、
失敗のデータを収集して、
次はこれを繰り返さないようにするのです。


例えば、
我が家には1匹、
7歳になる女の子のネコがいます。


この子も、
失敗を極端に恐れ、
過去に1回失敗したことには、
近寄りません。


飛び上がったら狭くて落ちてしまった窓際。
触ったら熱くて飛び上がったストーブ。
遠巻きに見ていて、絶対に近寄りません。


人間も
今でこそ文明的で便利で
安全な生活をしていますが、
そもそも動物です。


どんなに文明が発達して、
生活が便利で豊かになって、
安全な生活を送っていても、
動物としての本能は
脳の中に一部に残っています。


動物は、
狩りに失敗する、
敵から逃げることに失敗するなど、
失敗が命の危険に直結しますので、

失敗を覚えておいて、
これを絶対に繰り返さない。


人間もこの本能が残っているので、
無意識に失敗のデータを集めてしまうのです。


そして、
ここからが、
人間の面倒くさいところ。

人間は、
失敗に命の危険は
強く感じなくなりましたが、
感情と社会性のある
動物なので、

失敗に関する
団体の中での、
評価とその感情を
気にするようになってしまい、

失敗に対して、
恥や責任を感じるようになりました。


そうすると
どういうことが起こるかというと、

ほんのわずかな失敗のデータに注意を向けて、
うまくいっていない自分を責める。

次に失敗すると、
またその失敗のデータにだけ注意を向けて、
自分を責める。


私も前は失敗に注目して
自分を責めまくっていました。


「いつもよりも3分遅く会社に着いたからダメ。」
「上司が思ったとおりの報告書を作れなかったからダメ。」
「失敗してはいけない。安定のために現状を維持しないと。」
「周り道は無ムダ。いつも最短、最速で結果を出さなければならない。」
「あの人よりも優れている自分でいなきゃ。」




そうです、
毎日が、
ちゃんと上手にやらなきゃ、
ちゃんと上手にしなきゃ、
失敗は許されない

ダメダメダメ・・・で
埋め尽くされていました。


出来ない自分を責めて、
完璧でない自分にダメを出しまくって、
他者と自分を比較し、
自分を批判しまくってきました。



たまにはそれでもいいのです。


人間には向上心が必要だし、
それがあることによって、
出来なかったことができるようになりますし、

「失敗」を「振り返って」、
「次に活かす」のであれば
それでもいいのです。


人間には「次は上手にやろう!!」っていう
向上心が必要だし、
それがあることによって、
出来なかったことができるようになります。


出来ることが増えると、
人生の幅が広がるし、
達成感を味わったり、
結果的に喜びが増えたりします。

たぶん、
今までのあなたもそうだっと思います。

子供の頃から、
人一倍努力をして、頑張って・・・。

出来なかったことが、
出来るようなって、

また努力して、頑張って、
もっと出来るようになる。


それ故にあなたの人生は、
豊かになったし、
そんな自分に満足もしてきたと思います。


でも、
それを繰り返していると、
どこかで心に歪ができて、
疲れ果ててしまう。


そのうえ、
全ての失敗を深刻に捉え、

これに対して、
ただただ「ダメだった・・・。」という
感情だけを残してしまうと、


「一体、今までの努力は何だったの?」
と、虚しさを感じてしまう。


人生いろいろあって良いのです。
たまには、失敗しても、
たまには、思ったとおりに上手くいかなくても、
それでも良いのです。


誰もあなたを責めないし、
失敗した人と指をさされることもない。

仮にさされても、
そんなこと気にすることはない。


って、言われてもね(笑)


ちょっとずつ慣れていきましょう。
私もまだまだ慣れません。

失敗は怖いし、
取り返しがつかないような
気がしてしまう。


でも、気にしなくて良いし、
気にならなくなります。


一緒に気にならなくなる過程を
楽しんでいきましょう。


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。