自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

頑張る 努力 結果の優等生をやめて楽チンを選んでみる

f:id:erumo0225:20170801225344j:plain

 

きょうは、楽チンを選ぶことのお話。

 

 

「頑張ることは良いこと。」 「頑張らないことは悪いこと。」

「努力をすれば必ず報われる。」 「楽をしようとする人はダメな人。」

「良い結果を出すことこそが素晴らしい。」 「良い結果以外には価値はない。」

 

 

私たちは、小さいころから、学校の教育や親元のしつけの中で、多かれ少なかれ、頑張るとか、努力とか、成績・結果を基準とした価値を自分でも気がつかないうちに、身につけていることがあります。

頑張る、努力する、結果を出すは、ハナマル。怠ける、楽ちん、結果の途中は、バツ

 

特に、女性は学校でも家庭の中でも、頑張って、努力して、期待された結果を出すいわゆる優等生として振る舞うことを求められ、

「勉強を頑張らないといけない。」

「クラスや兄弟をまとめて、大人の手助けをしないといけない。」

「いつも、どこから見られても、恥ずかしくないようにしていなくてはいけない。」

を、暗に明に感じる場面が多いです。

 

 

 

最初は、優等生、頑張る、努力、結果を窮屈に感じていても、人は周りや自分に与えられた環境に慣れていきますから、いつしか、私たちも窮屈に感じていた環境に適応し、窮屈を窮屈と思わない、むしろ、窮屈が当たり前であったり、心地よくさえ感じたりするようになります。

 

 

頑張る、努力する、結果を出す。

学校や家庭、地域社会など一つの行動をみんなで一緒にまとまってとることを求められる環境の中では、頑張る、努力するは高い評価や賞賛に値しましたし、頑張った量、努力した量に対して定量的、比例的に結果を出すこともできました。

 

結果、頑張ること、努力することができる人が注目を浴びたり、グループの中でいわゆる良いポジションを取れたりもしました。

 

 

ですが、小さかった私たちは、いつまでも小さいままで、学校や家庭、地域社会にいるのではありません。

私たちは時間の流れとともに成長し、成長に伴い環境を変え、新しい世界に入り、自分で新しい世界を創っていきます。

 

 

新しい環境の中では、今までのスキルや知識、経験が丸ごと活かされる訳ではありません。ときには、今までに自分が身につけたことを手放して、新しい価値を自分の中に身につけないといけないときもやってきます。

 

新しい環境の中では、今まで自分が収まっていた枠が小さすぎる、そもそも枠が変わってしまったと、自分で自分に違和感を覚えるときもきます。

 

 

今までの自分のスキルや知識、自分の中のやり方や上手くいく法則が通用しない・・・。

今までの自分が通用しない世界は、不安や心配、恐怖と焦りでいっぱいになります。

 

 

あなたは、不安や心配、恐怖と焦りを感じてはいけない存在ではありません。今までの自分にあなた自身が不安や恐怖を感じているのは、あなたが変化し、成長しているからです。

 

 

頑張る、努力する、結果を出すが賞賛に値する世界もあったけど、頑張るが通用しない世界もある。

頑張る、努力する、結果を出すというスキルや優等生という枠が、あなたの進む道を邪魔していることもあります。

頑張る、努力する、結果を出すというスキルや優等生という枠は、あなたの思い込み、幻想なのかもしれません。

楽チン、簡単、途中を楽しむことは悪いことという枠は、あなたの思い込み、幻想なのかもしれません。

 

 

自分のスキルや知識、経験や法則を手放すことは辛いし残念だし、恐いけど、握りしめていた手をちょっと緩めてみる。

手放すことは捨てることではありません。あなたは何も捨てる必要はありません。
いったん、ちょっとの間、あなたの人生の道の脇に置いてみる。

握りしめた手を緩めても、大丈夫。あなたは不幸にはならないし、嫌な思いはしません。

 

 

頑張る 努力 結果の優等生をやめて、楽チン、簡単、楽しいを選んでみる。

 

 

あなたの人生は無限には続きません。いつか終わりはくる。

脅かすつもりも、煽るつもりもありませんが、終わりがくることは真実です。

 

 

枠や幻想にとらわれることをやめて、自由になって、自分が楽で簡単で楽しいことを選んでみる。

 

 

優等生の自分ではなく、楽しんでいる自分を選んでみませんか。

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。

 

LINE@始めました!!

お友達登録はこちらから。

ぜひお友達になってくださいね。

友だち追加