自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

一人でいることを恐れない

f:id:erumo0225:20170801205928j:plain

 

今日は、一人でいることのお話。

 

 

週末は必ずパートナーと一緒に過ごしたい。

ランチは毎日、会社の同期と一緒に食べる。

コミュニティに所属して、オンラインでもオフラインでもいつもつながっていたい。

 

 

家族、パートナー、友人・仲間、同僚・上司。私たちは、リアルの世界で毎日たくさんの人に囲まれています。
スマホやパソコンに目を落とせば、SNSが進化して、ネットの世界でもブログ、Facebook Twitter、LINEなどたくさnの人たちがいて、24時間、365日いつでも、どこでも、誰とでもつながることが出来ます。

 

 

いつでも、どこでも、誰とでもつながることができる。

毎日、たくさんの人たちに囲まれている。

 

 

いつの間にか、私たちは人に囲まれること、誰かとつながっていることが当たり前になってしまっていて、一人でいることを忘れてしまっています。

 

 

いつも誰かとつながりたい。いつも誰かと一緒にいたい。

 

 

究極、一人は、寂しい、不安、恐い。

 

 

人と一緒にいることに慣れてしまい、人に合わせたり、誰かに合わせてもらったりすることに慣れてしまうと、一人でいることが辛かったり、恐かったり、不安になったりすることがあります。

 

 

私たちは本能的に一人で生きていけないことを知っています。生まれおちた瞬間から家庭や学校、職場や自分のコミュニティなど、多くの集団に所属しながら生きています。

 

 

コミュニティに参加して、家庭を大切にして、パートナーと本当の意味で心を通じ合わせる。

 

一人では、感じられないことを、学ぶことができないことを、知ることができない感情を、コミュニティや家庭やパートナーが私たちに教えてくれます。

 

周りの人たちが教えてくれることは、どれもこれもが素晴らしく、勉強になり、貴重な知恵です。私たちは、周りの人たちが教えてくれることを体験するために生まれてきたと言っても言い過ぎではないほどです。

 

 

一人では出来ないことはある。

 

 

私たちが多くの集団に所属しながら生きるのは、孤独を感じたくないからかもしれません。

私たちが誰かと、リアルな場面やバーチャルな場面でつながっていたいのは、心のどこかで自分が孤独になることを恐れているからかもしれません。

 

 

ですが、一人でいることが無価値であるということではありません。

 

 

集団から離れ、リアルやネットのつながりから離れ、一人になってみて、わかることや、知るとこもたくさんあります。

 

 

今まで見えなかったことが見えたり、気がつかなかったことに気がついたり、自分の心の声が聞こえたり。

 

 

そして、結局は、私たちは一人なのです。

 

あなたがどんなに人気者でいつも周りに人がたくさんいても、SNSでたくさん友達がいて、反応や賞賛をもらっても、いつもリアルで家族や友達、仲間に囲まれていても、私たちは一人です。

 

一人でいられない人は、誰といても、何千人の人と一緒にいても、24時間誰かがそばにいても、最後は孤独を感じ、誰とも居づらくなってしまいます。

 

 

孤独を恐れてはいけませんとか、集団に所属することは良くないとか、SNSを止めましょうとかそういうことではありません。

 

 

あなたに、一人でいることを恐れないでいて欲しいのです。
あなたに、「結局は自分なのだ」と言うことを心のどこかで良いので、覚えていて欲しいのです。

 

 

あなたが「一人なのだ」、「結局、自分なのだ」と思えるようになると、あなたは自由を感じられるようになります。

あなたが自分に自由を感じるようになると、あなたは、いつ、誰と、どこにいても、孤独を感じない、孤独を恐れない人になります。

 

 

あなたが、一人や孤独を恐れなくなると、あなたの世界に孤独がなくなります。

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。

 

LINE@始めました!!

お友達登録はこちらから。

ぜひお友達になってくださいね。

友だち追加