自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

自分を変えたいならば 変わった先の世界に飛び込んでみる

f:id:erumo0225:20170725234541j:plain

 

今日は飛び込んでみるお話。

 

自分を変えたくて、何かを始めてみたいけど周りの目が気になってできない。

自分を変えたくて、趣味のサークルに入ってみたいけど恥ずかしくて参加できない。

自分を変えたくて、憧れの人に会いに行ってみたいけど勇気がなくていけない。

 

自分を変えたいと何か月も何年も思っているけど、周りの目が気になって、勇気が出せなくて、自分に自信がなくて動き出せない、行動できない。

 

私自身、自分で勇気が出せず、自分に自信が持てずに、自分を変えたいと望みながら、ずっと動き出すことができず、行動できないでいました。

 

自分を変えたい、変わりたい。

 

いつか自分に自信が持てるようになれば、いつか自分で勇気を出すことができれば、それを行動につなげることができるのに・・・。

 

ですが、その「いつか」は絶対に来ないのです。

 

いつか自信が持てたら、行動が出来て、自分を変えられる。

いつか勇気を持てたら、行動が出来て、自分を変えられる。

 

どんなに待っていても、自信が持てるとき、勇気が持てるときは来ません。

 

あなたがあなたを変えたい、変わりたいと望むのであれば、
今すぐ「変わりたい」自分になれば良いのです。

目をつぶって変わりたいと思う変化の中に飛び込んでしまえば良いのです。

 

私たちは、いつも自分の外側に自分の自分の切っ掛けを求めてしまいます。

 

いつか、何かが出来るようになれば、自分は変われる。

いつか、誰かに認められるようになれば、自分変われる。

いつか、何かになれたら、自分は変われる。

 

何かが、誰かが、何かには待っていても絶対に来ません。

 

何かが出来るようにならなくても、
誰かに認められるようにならなくても、
何かになれなくても、

 

今から直ぐにあなたは変わって良いし、変わることができるのです。
何かを待っている必要はありません。

 

私自身を外側に変わる切っ掛けを求めているときは、何も変わりませんでした。

 

努力して仕事で実績を上げても、

努力や実績が認められても、

実績が認められて望んていたセクションに異動ができても、

私自身は何も変わりませんでした。

 

あるとき、ふと、「ダメでもいいし、認められなくてもいいし、恥をかいてもいいから、自分がやりたいと思ったことをやってみよう。」と思ったのです。

 

そこから私は動き始めました。

 

最初はすごく緊張しましたが、趣味のサークルのお茶会に参加してみたり、

断れれるかもしれないと怖かったですが、会ってみたいと思っていた人にアクセスしてみたし、

批判されたり、つまらないと言われるかもしれないと不安でしたが、ブログで自分を発信することを始めてみました。

 

緊張、恐怖、不安。
動き始める前の私が感じていた世界は、私が想像していた以上に優しく、温かい世界でした。

 

サークルでは仲良くしてくれる人がいましたし、会ってみたいと思っていた人は私を歓迎してくれましし、ブログもたくさんの方に温かく見守ってもらい書き続けることができています。

 

そして、いつの頃からか会う人に「最近、あなた、変わったね」と言われるようになりました。

 

今はあなたに自信がなくても、今は勇気がなくても、今は誰にも認められていなくても、
変わりたいと望んでいる自分を信じて、目をつぶってあなたが望む世界に飛び込んでみる。

 

あなたが飛び込んだ世界は温かさと優しさに溢れていて、結果的に、あなたは変わることができます。

 

そして、あなたは、今、このときから飛び込むことができるのです。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。