自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

あなたはあなた自身の責任者になっていますか

f:id:erumo0225:20170423233026j:plain

 

今日は自分自身の義務と権利のお話。

 

パートナーと朝からごみ捨てのことでケンカした。

会社に行ったら、早速、上司から子どもや奥さんの愚痴を言ってくる。

会社帰りのスーパーでレジに並んでいたら横入りされた。

 

毎日、生活していると、自分には直接関係があるなしに寄らずいろんなことが起こり、それによって私たちの中に嫌な感情が湧いてくることもあります。

 

まったく!!何回も頼んでいるのに、ごみを正しく分別してくれない!!

また、朝から愚痴と不平のオンパレードか・・・。

疲れているのに、横入りをされて、さらに疲れた・・・。

 

私たちの周りにはたくさんの人がいて、たくさんの出来事が起こっていて、たくさんの情報が溢れています。
周りに人がいることは楽しいことや嬉しいことでもありますし、
自分に起こる出来事によって成長することができたり経験することがでたりしますし、
現代社会では情報を収集し管理し上手に使うことが出来た人から便利で快適な生活を手に入れていきます。

 

私たちの周りにはたくさんの人がいて、たくさんの出来事が起こっていて、たくさんの情報が溢れていること自体、悪いことではありませんが、私たちにとって全てがプラスに作用するわけでもありません。

 

それによって、怒りを感じたり、不快を感じたり、寂しさを感じたり。

 

私たちは周りのモノ、ヒト、コトからたくさんの影響を受けています。受けた影響から様々な感情を感じています。

 

友達と心が通じ合って嬉しかったこと、

努力した甲斐があって素晴らしい評価を受けて誇らしかったこと、

ずっと欲しかったアクセサリーをお金を貯めて買うことができた時の満足感。

 

自分の周りのモノ、ヒト、コトからたくさんの嬉しさ、楽しさ、喜び、愛情。自分1人では決して味わうことが出来ない様々な感情を、有り難いことに周りの環境は与えてくれています。

ちょっとした行き違いから同僚から誤解されて寂しかったこと、

一生懸命努力したけど自分の提案がコンペで採用されなかった無念さ、

どんなに説明してもわかってもらえず、頭ごなしに怒鳴ってくる上司への不満。

 

自分の周りのモノ、ヒト、コトから、自分ではどうにもならない、怒りや不満、不平や悲しさなど、出来れば味わいたくない感情を感じてしまうこともあります。

 

自分の周りのモノ、ヒト、コトから離れて生きていけば、嫌な感情は感じなくて済むのか。

私たちは自分自身を完全に社会から切り離して生きていくことは不可能です。いつでも、どこにいても、社会と関わって生きていく。避けることのできない現実です。

 

私たちの毎日は、楽しいこと、嬉しいこと、喜びを感じるためだけにあるのではありません。楽しいことも、悲しいことも、嬉しいことも、辛いことも。全部ひっくるめて、まとめて自分のこととして引き受けるために毎日の生活はあります。

そして、自分のこととして引き受けることを決めた人から幸せになっていきます。

 

嫌なこと、悲しいこと、辛いこと。嫌な感情を感じる出来事が人生には起こっても良いのです。嫌なこと、悲しいこと、辛いことが起こったときに、怒りや悲しみ、寂しさを感じても良いのです。

 

怒りや悲しみ、寂しさを十分に感じる。誰にも遠慮せずに心の底から感じ切る。
そして、充分に感じ切ったら、怒りや悲しみ、寂しさを手放して、また、心の平穏を取り戻す。

 

あなたはいつもでも自分自身を怒りや悲しみ、寂しさの中に置いてはいけません。あなたはあなた自身の責任者としてあなた自身の感情を守る義務があります。

 

いつまでも怒りや悲しみ、寂しさに自分を置かない。
自分の責任で心に平穏を取り戻す。

 

あなたには責任と義務と心を平穏に保ち、あなた自身に幸せを感じさせる権利があります。

 

あなたはあなた自身の責任者になっていますか。

あなたはあなた自身に対して責任と義務を果たしていますか。

あなたはあなた自身に対して幸せになる権利を使っていますか。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。