自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

自分の人生に自分が責任を持つと 人生はもっともっと楽しくなる!!

f:id:erumo0225:20170707001129j:plain

今日は自己責任のお話。

 

前回、虫に刺されたことで考えたことを記事にしました。

 

heartwarminglife.hatenablog.com

 

今日、知人に虫に刺されたことについて話をしました。

 

すると、知人は、「家相が良くないのでは。」とか、「お祓いをしてもらってはどうか」とアドバイスをしてくれました。

 

最近、我が家は母が珍しい病気をしたり、私が虫に刺されて病院通いをしたりとちょっとしたアクシデントが続いています。
アクシデントは続いていますが、私自身、母の病気も私のケガも、「悪いこと」だとは思っていいませんでしたので、知人のような「家相」とか「お祓い」などの発想は全くありませんでした。 

 確かに、今、私に起こっていることは、一見、悪いことが起こっていそうに見えます。母の病気もこれからどうなっていくのか、全く先が見えませんし、私のケガも後遺症のようなものが残ったらと思うと少し心配ではあります。

 

ですが、私に今起こっていることは偶然起こっているのではなく、必然的に起こっていて、必ず原因があって起こっています。

 

母の病気は、母が自分の体力を超えて無理をしたことが原因ですし、無理をさせていた私たち家族にも責任があると感じています。母が病気になったことで、私自身、健康に気を使うこと、身の回りを整頓して清潔に暮らすことなど、気が付きできることから行動しています。

 

私のケガも、そもそも外に長時間いるときは重装備をすべきでしたし、虫よけなどの力を借りることもできたのに、それをしなかった自分に原因があると感じ、次からは原因となったことを避ける行動をとることを自分の中で決めました。

 

私たちの毎日の生活の中では、自分が意図しないこと、自分にとって都合の悪いこともたくさん起こっていますし、これからも起こります。

 

私たちは、自分の人生に起こったことに対して、環境のせい、誰かのせい、目に見えない不思議な力のせいなど、自分以外のものに責任を持たせることは、私たちはいくらでもできます。

 

自分の人生に起こったことに対して「なぜ、このようなことが自分に起こるのか?」と嘆き悲しみ、自分の力ではどうにもならないことを悲観することもできます。

 

私たちは、自分の人生に起こることは「全て自分の責任である」と自分に責任を感じることもできます。

 

自分の人生に起こったことに対して「自分の人生にこんなことが起こってしまった。困難なことだけれども自分の出来る範囲で全力を尽くそう」と考えることもできます。

 

自分以外のものに責任を持たせることも、全て自分の責任であると思うことも、どたいらが良くてどちらが悪いといことはありません。どちらを選ぶことの私たちの自由です。

 

自分以外のものに責任を持たせると、私たちは自分の人生において、何が起こっても自分で解決も改善もすることはできなくなってしまいます。自分の人生なのに、何もできずにすっと手をこまねいて見ている人生の傍観者となってしまいます。

 

人生に起こったことは、自分に責任を持たせると、私たちは自分の人生の中に起こること全てに主体的にかかわることができます。自ら原因を考え、自ら改善策を練り、自ら一番よいと思える行動を取ることができます。

 

自分の人生に責任を持つと、自ら考え、自ら改善策を練り、自ら行動を取れるようになり、自分で自分の人生を変え、自分の力で次の人生を創っていくことができるのです。!!

 

自分で人生を変え、自分で人生を創っていける。こんなに楽しいことはないのではないでしょうか?

 

私たちの生活の中で起こることには、自分の力ではどうにもできないように見えることもたくさんあります。
それでも、自分の人生に責任を持って前に進んでいく。


その勇気を持っただけで、あなたの人生に見えてくること、起こってくること、やって来るものが全然変わってきますよ。
その時あなたは、本当の人生の楽しさと豊かさを感じることができます。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。