自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

あなたはあなた自身にコミットしていますか

f:id:erumo0225:20170715010414j:plain

今日はあなた自身にコミットするお話。

 

あなたは今、何にコミットしていますか。

 

家族、パートナー、仕事、健康、容姿や美容。

 

私たちは意識的であれ、無意識であれ、日々の生活の中で何かにコミットしています。何かを自分の責任の元にやり遂げる、責任をもってやっていく。

 

恐らく多くの人は家族や自分の仕事など、やるべきこと、守るべきもの、こうあるべきものに対してコミットしていると思います。

 

自分の中でした自分との約束を果たすために、日々、心を砕き、時間を割き、行動する。

 

 自分の社会の中での責任に対して責任を感じて、やり遂げようとすることは素晴らしいことです。全ての人が自分の責任を感じているから、私たちの日々の生活は成り立っていますし、大きく言えば日本という国が成り立っています。

 

私たち日本人は世界的に見れば、とても責任感の強い国民性です。
自分がした約束やモラルを守る、守ろうと最善の行動をする。
自分の言葉と行動にどこまでも責任をもつ。真摯に向き合う。

 

自分の良心に強くコミットしている国民性があるから、日本という国は世界から信用されるし、評価されるのです。

 

 

自分がコミットしたことをやり抜く。

 

でも、大切なことを忘れてはいませんか。

 

大切なこと。あなたがあなた自身の幸せに対してコミットすることです。

 

あなたがあなた自身の幸せに対して、自分が責任を感じて、自分を幸せにするために日々、何かをする。

 

あなたが何かにコミットし、コミットしたことに全力を傾ける前に、まずは自分あなた自身にコミットしてあげてください。

 

あなたが心から望んでいる本当の望みやあなた自身を知り、心から望むあなたになることに責任を感じて、望む自分を全力で叶える。

 

あなたに欲しいものがあれば、あなたはあなたのために全力でそれを取りに行く。

あなたが感じたい感情があれば、あなたはあなたのために全力でそれを感じる行動をとる。

あなたになりたい自分があれば、あなたはあなたのために全力でそれを叶える。

 

まずは「あなた」を最優先事項、最重要人物として扱い、そこからあなたが感じたミッションを忠実に果たすのです。

 

あなたの人生の中で、あなたよりも大切な人はいません。
家族よりも、パートナーよりも、友達・仲間よりも、自分の仕事よりも、まずは「あなた」です。

 

あなたがあなた自身にコミットできなければ、あなたの人生からあなたは居なくなってしまいます。
あなたの人生に常に他の人物や環境が登場し、あなたはあなたではない何かに振り回される生き方をしてしまいます。

 

あなたがあなたではない何かに振り回される生き方をしているとき、あなたは何ものにもコミットできませんし、誰も幸せにすることはできません。

 

あなたがあなた自身にコミットし、責任を持って実現しようとするとき、あなたは輝き、その輝きが周りの人も幸せにしていくのです。

 

あなたのためだけでなく、あなたの周りの大切な人たちのためにも、まずはあなたがあなたを責任を持って幸せにしましょう。あなたを幸せにする行動をしましょう。

 

あなた自身に責任を持つことは難しいことではありません。
あなたは常に自分の感性に従ってものごとを感じ、考え、選択し、行動すればよいのです。

 

今すぐにその生き方をすることは難しいと感じてしまう人もいるかもしれません。
今すぐが難しいのであれば、少しずつ積み上げていきましょう。

 

毎日、たった一つでも良いです。自分の感性に従って何かを選んでみましょう。洋服でも良いですし、おかずの中に1品でもかまいません。紙くずの捨て方一つからでもいいのです。自分が感じた感性に従い、考え、選択し、行動してみるのです。

 

小さな、小さなことの積み重ねかもしれません。
「小さなことに何か意味があるのか?」とあなたは思うかもしれません。
私たちは小さな、小さなことを積み上げていくしかないのです。

小さなことも積み上げれば大きくなります。

毎日、1ミリ成長すれば、3ヶ月後には約10センチです。
何もしない人と比べれば、大きな成長です。
これが6ヶ月、1年、3年、10年経ったら、どうなるか?

今からは想像も出来ないあなたになって、今のあなたからは想像も出来ないような生き方をし、周りの人も幸せになっているでしょう。

 

まずは、あなたにコミットを。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。