自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

自分の感性に従って 他人に振り回されない自分になる 

 

f:id:erumo0225:20170712235534j:plain

今日は感性に従って生きるお話。

 

本当は望む生き方があるけど、周りが反対するから出来ない。

自分は本当はこうしたいけど、周りの目が気になって出来ない。

やりたいことはわかっているけど、失敗した周りから何を言われるのかが怖い。

 

私たちは、自分が自分の内側に沿って生きようとするとき、強烈なブレーキを感じてしまいます。

 

社会の常識、失敗への不安、自分が自分でなくなることの恐怖、周りの人達の目、周りの人達の反対。

 

既成概念や常識、不安や恐怖、人目や反対。

 

自分の内側に沿って生きたいと思えば思うほど、既成概念や常識、不安や恐怖、人目や反対など目には見えない何かが気になり、行動できない、やりたいと言えない、そもそも自分の望みなんてなかったことにしてしまう。

 

私たちは目に見えない何かに縛られると、本来の自分を忘れてしまいます。本来の自分を忘れて目に見えない何かに従って生きるようになってしまいます。

 目に見えない何かは、あなたの望みを縛り、考えを縛り、行動を縛ります。

 

縛られたあなたは、自分を失い、他人や固定観念を生きるようになります。

 

他人や固定観念は、時代や環境、社会の移り変わりによって、次々に姿、カタチを変えていきます。次々にカタチを変えるものを生きるあなたは、他人や固定観念に振り回されてしまいます。

 

そして、ある日思うのです。

「私は、何のために生きているのだろう・・・。」

 

あなたはあなたの中にあなたの感性を持っています。
もしかすると、ずっと縛られた世界に住んでいたあなたは、自分の中の感性を忘れてしまったいたり、感じなくなってしまっていたり、自分の感性が本物なのか信じられなくなっていたりするかもしれません。

 

大丈夫です。

 

あなたの感性は絶対に正しいのです。

 

あなたが今自分の感性を疑ってしまっているのであれば、それは、感じることを忘れてしまっているからです。感じることは慣れや練習も必要ですが、繰り返すことによって取り戻すこともできます。

 

あなたがあなたの感性に従い、感性が正しいと思うように生きるようになると、あなたは、既成概念や常識、不安や恐怖、人目や反対といった目に見えないものから開放されるようになり、本当の自分を生きられるようになります。

 

あなたが本当の自分を生きるようになると、周りのことは気にならなくなり、他人に振り回される生き方からも卒業することができます。

 

自分の感性に従って生きることにも最初は勇気は必要です。

 

「こんなことをしたら、バカにされるのではないか?」

「こんなことを言ったら、周りに誰も居なくなってしまうのではないか?」

 

最初は不安と恐怖の連続です。それでも、あなたが自分の感性に従って行動し続けると、あなたの感性に合った人が周りに現れはじめます。少しずつ感性の合う人が増えていき、何かに縛られている人が減っていきます。

そして、あなたを見て「自分も自分の感性を生きよう。」とする人が現れ始め、あなたは他人に振り回されない、自分を生きる人たちに囲まれるようになります。

 

自分の感性に従って生きる。他人や社会に振り回されない。

 

まずは自分の中の小さな自分の声を聞いてみましょう。最初は本当に小さな声ですが、あなたの中には必ず小さな声はあります。

 

小さな声を聞き続けることで、あなたはあなたの内側とつながり、感性を取り戻します。
自分の感性を取り戻したあなたは、他人を生きること止め自分を生きるようになります。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。