自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

日常の中に全ての魔法がある

f:id:erumo0225:20170704201407j:plain

今日は日常が幸せに溢れているお話。


先日、私は白い魔女に会いました。
白い魔女は私にいろいろなことを気がつかせくれました。


私が白い魔女に会ってみたいと思ったのは
「自分は変わりたいと思っているのに、変われない。どうすれば変わることができるのか?」
という問いに答えが欲しいと思ったからです。


魔女は「何年も変わってないということはないと思うよ。」と軽やかに笑いながら、人生や世界の成り立ちについて私に優しく教えてくれました。


白い魔女の話を聞いていて私は、「自分は毎日ため息をついているハトだった」と気がつきました。

 
私は公園によく居る1羽のハト。

このハトは、いつも、いつも「この公園は代わり映えのない公園。この公園に居れば食べ物はもらえるし、安全な住処もある。大きな鳥や恐いネコに襲われることもない。安心で安全だけど、この公園にいては私も変われない。つまらない毎日。」と思っています。

このハトは「となりの公園はいいな。いつも楽しそうなイベントをやって、いつも違うテーマの噴水が流れている。変化がたくさんある楽しい公園。となりの公園に行けば、私もきっと変化に富んだ楽しい毎日が送れるはず。」と思いながら毎日となりの公園を眺めています。


毎日ため息をつきながら過ごすハト。「毎日がつまらない。」とハトが白い魔女に話しをすると白い魔女は「へ?あなたは毎日たくさんの幸せに囲まれているのに?」と聞き返されてしまいした。


「私が毎日たくさんの幸せに囲まれている?」


このハトは気がついていないのです。毎日、自分の周りにたくさんの変化とたくさん幸せがあることを。


ハトがいる公園には毎日、たくさんの人が訪れます。訪れる人は昨日と違う人。明日は今日と違う人が訪れます。公園を訪れる人は毎日「ハトさん、こんにちは。」と笑顔で話しかけてくれます。
ハトのいる公園には、たくさんのきれいな花が咲いています。花が咲いている様子は日々、変化をしていて1日でも同じ様子であった日はありません。きれいな花をみんなをいつも和ませてくれています。
ハトのいる公園では、毎日、天気が変化しています。晴れの日もあれば曇りの日もある。土砂降りだったかと思えば、お昼からは青空が広がる。1日たりとも同じ天気の日はありません。


私たちは、とかく、外の世界ばかりに目を向け、「自分の周りに既にある小さな幸せ」を見ることを忘れてしまっています。

「毎日の中にある小さい幸せなんて当たり前過ぎてつまらない。」とあなたは思ったかもしれません。
「当たり前」、「つまらない」と小さな幸せを取りこぼしてしまっているあなたに大きな幸せは訪れないのです。自分の人生に幸せが訪れるかどうかは、自分が生まれた環境やもって生まれた運などは一切関係ありません。
「自分の周りの幸せに気づくことができるかどうか。」この1点だけです。

そして、「自分の周りの幸せに気づくことができる」ことはスキルです。スキルですから自分で育て、いくらでも伸ばすことができます。


白い魔女は私に教えてくれました。
「あなたは、あなたのことをこんな風に思っていない?」
『毎日の生活の中に大きな変化がないと幸せにはなれない』
『毎日、平和に穏やかに過ごせることは当たり前のこと。』
『ある日、雷に打たれてように何かに気づき、そこから素晴らしい人生が始まる。』
「でもね、幸せになる魔法は、毎日の日常の中にあるのよ。山奥に修行に行ったり、高いお金を払って学校に行ったりして使えるようになるのではなく、日常の中に全ての魔法があって、あなたはいつでも魔法を使うことが出来るのよ。」と。


私たちは、自分が既に持っているもの、既に与えられているもの、自分の周りにあるものを「当たり前」だと思い込み軽視してしまいます。
持っているもの、与えられているもの、周りにあるものは「当たり前」ではありません。「当たり前」ではないことに気づき、感謝し、喜びで自分を満たしていくのです。


喜びで満たされたあなたは、感じ方が変わり、捉え方か変わり、考え方が変わり、顔つきが変わり、纏う服が変わり、あなたの発する雰囲気が変わり、あなたが変わっていきます。変わったあなたを人は敏感にキャッチし、これまでとは違う人たちがあなたの周りに集まってきます。こうして、あなたが変わり、あなたの毎日が変わり、「自分は幸せだ。」と確信するのです。


あなたも私のように「ため息をつくハト」になっていませんか?


あなたの毎日を見渡してみてください。
あなたが当たり前だと思っている毎日。

あなたは毎日、すでにある幸せを取りこぼしてしまっているかもしれません。
当たり前の毎日の中にこそ、幸せがたくさんあります。

あなたはいつでも「幸せになる魔法」使うことが出来るのです。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。