自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

自分の高い基準を磨いていく

f:id:erumo0225:20170625154322j:plain

 

今日は人生の基準のお話。

 

あなたの人生の質を決めているのは、あなたの意識の基準です。

 


わたしの年収は〇〇万円くらいでいいかな。

うん。わたしが住む家の大きさはこれくらいだろう。

わたしは、本当は〇〇の役職が相応しい。いやいや、いくらなんでもそれは無茶だ無謀だ。わたしだったら〇〇くらいが妥当だろう。

 

 

あなたの人生の基準を決めるのは、結局、あなたの意識をどのラインに設定するかです。

 

 

収入、体重、役職、住む家、パートナー、財産資産、ライフスタイル全般。

 

全て、あなたが思っている、いえ、あなたが自分の中で信じている

「これくらいが自分らしい」という基準のとおりになっていきます。

 

これは、絶対です。法則です。当たり前のことです。

リンゴが枝から離れたら、どのリンゴも必ず地面に向かって落ちていくのと同じくらい当たり前で自然なことです。

 

何かの力が働いて、必ず、あなたの現実はあなたが信じている基準のとおりになっていきます。

 

~~になりたい。

~~が欲しい。

 

というのは基準ではなくて、願望です。

 

 

あなたが自分の深いところで、あなた自身のことを、

「結局、自分は~~な人間だ。」

「つまるところ、自分には~~くらいがちょうど似合う。」

と断定的に思ってる言葉、意識、信じていることがあります。

これが基準です。あなた自身、この基準を信じて疑うことはありません。

 

 

あなた自身が信じているこの基準が、あなたの人生になります。

 

あなたが信じて疑わない基準は、あなたの人生にとって、都合が良くても、都合が悪くても、あなたは絶対にこの基準を信じて疑いませんし、そもそも信じていることにあなた自身気づいてすらいません。

 

あなたに良くても、悪くても信じている基準。
そして、あなたはこの基準に沿って生きていく。

 

あなた自身、今、自分の人生が「何かちょっと違うな?」と思っているのであれば、
この基準を少しずつ変化させていくことです。

 

 

あなたの今の現実を変えることを望むのであれば、

あなたの意識の基準を変化させることがとても重要です。

 

 

今のあなた自身よりもちょっと下だな、甘いな、あのようにはなりたくないなぁと感じている人には、ぜ~~~~~~~~~~~ったいに、あなたの基準を合わせてはいけません。

 

 合わせてしまえば、未来のあなたは、「あなた自身よりもちょっと下だな、甘いな、あのようにはなりたくないなぁ」という人に1ミクロンの狂いもなくなっていきます。

 

社会生活上、どうしても会話や生活パターン、行動を相手に合わせたとしても、あなた自身の意識に戻ってきたときは、本当の自分の基準に必ず戻ることです。

 

世間一般にも合わせない。

あなた以外の他の誰にも合わせない。

 


あなただけの基準を、じっくりとあなた自身の意識と向き合い創り上げていくのです。

 

 

あなた以外の他の誰かの影響が入っている願望は、願望のままで終わり、あなた自身の意識や意思にまではなりません。

 


現実化するのは、願望ではなくて、意識・意志ですから、

あなたは、あなた自身の意識・意志を磨いていくことが

今のあなた自身の人生を変えるためには最も大切です。

 

 

あなた自身の意識・意志を磨いていく」ためには、

たまには、今のあなたよりも高い基準の人たちに囲まれまてみましょう。

たまには、今のあなたよりも高い基準の場所に行ってみましょう。

たまには、今のあなたよりも高い基準の服を着てみましょう。

 


今の自分よりも高い基準は、あなたにとって居心地が悪いでしょう。

「自分なんかがここに居て良いのか。」

「自分なんかがここに来て良かったのか。」

「自分なんかがこれを来て良いのか。」

「う~ん、なんだか、気持ち悪い・・・。」

 


ですが、このようにしてあなたの意識の基準を上げていくのです。

逆に、居心地の悪い思いをするしか、基準を上げる方法はありません。

 

もし、あなたが今、「自分の人生に違和感を感じる、もっとこうしたい。」、「本当はこうなのではないか?」と感じているのであれば、あなたは自分の基準をあげるタイミングに来ています。

 

さあ、居心地の悪い体験をしてみましょう。今が、そのタイミングです。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。


いつもあなたを応援しています。

 

いつもあなたを応援しています。