自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

あなたへの愛を受け取るか受け取らないかを選択するのはあなたです

f:id:erumo0225:20170629233301j:plain

 

今日は愛を選択するお話。

 

 

前回と前々回の記事では、「自分なりの愛」があることみんなが「自分なりの愛」を表現していることをお伝えしました。

 

 

heartwarminglife.hatenablog.com

 
heartwarminglife.hatenablog.com

 

 

みんな、「自分なりの愛」を日々、表現をしながら生きています。「自分なりの愛」はその人がそれまでに経験してきたこと、その人がいる環境によって違う愛を創り上げていますから、「自分なりの愛」はそれぞれ違い、世界には1人1人違う愛が存在し、あなたと同じ愛は存在しません。

 

 

あなたとは違う愛を持っていて表現をしている人がいます。

 

 

 

 

例えば、私の両親は、私が持っている「自分なりの愛」とは違う愛をそれぞれの中に持っていて「両親なりの愛」を私に対して今までも表現してくれていましたし、今も表現しています。そして、これからも「両親なりの愛」を引き続き表現し続けていくことでしょう。

 

 

「自分なりの愛」を表現することはすばらしいことです。誰もが自分の中に愛を持っていますし、それを誰に、いつ、どのように表現するかは、その人の自由です。愛の表現には制限はありません。

 

 

ですが、「私なりの愛」と「その人なりの愛」は同じではないので、時に「その人なりの愛」が苦しく感じることもあります。

 

 

私と私の両親の関係で言うならば、私にとっては、「見守ることでは飽き足らず、過度に干渉し口うるさく接してくる」は愛とは感じられないのですが、私の親は「見守ることでは飽き足らず、過度に干渉し口うるさく接してくる」を表現してくる人でした。

 

だから、私は「両親なりの愛」を苦しく感じてしまい、違和感があり、「自分なりの愛」とは違うものなので、両親の愛を感じることができませんでしたし、苦しかったです。

 

 

誰もが愛を表現し、誰もが愛を与えている。

 

 

あなたは、あなたに与えられた愛を全て受け取らなければいけないような気がしてしまうかもしれません。

「自分に表現された愛を受け取らなければ、目の前の人は悲しむかもしれない。」

「自分に表現された愛を受け取らない人は冷たい人。」

 

 

愛が自分と相手で違うように、愛の受け止め方も違います。自分が受け取りたい愛のカタチも人それぞれで全然違います。

 

 

あなたがあなたに表現された愛によって苦しくなったり、違和感があったりするのであれば、あなただけに表現された愛だとしても、その愛をあなたが受け取ることを選択して良いのです。

 

 

まず、第一にあなたが愛を表現すべきはあなた自身です。何をおいてもまずはあなた。あなたは1番にあなた自身を大切にしなくてはいけません。

あなたがあなた自身を守ることは、あなたの権利であり義務であり責任です。あなたはあなたを責任持って守らなければならない。

 

 

あなたを守るためには、時にはあなたに向けられた愛であっても、そこからあなた自身が離れる必要もあります。あなたその愛をが苦しいと感じるのであえば、そこから一旦離れてみましょう。

 

 

「愛を受け取らなければ、愛が自分から離れてしまう。」

「自分の人生から愛がなくなってしまうかもしれない。」

 

 

あなたは不安に思ったり、悲しく感じたりするかもしれません。

 

あなたへの愛を全て受け取らなければならないわけではありません。あなたは自分に愛が表現されたことだけを受け取れば良いのです。まず表現を受け取ることで、あなたはあなた自身が「自分は愛される存在である。」ことを感じることができます。

 

 

感じた愛をあなたが「嬉しい」、「楽しい」「満たされる」と感じれば、そのまま受け入れればよいですし、「苦しい」、「辛い」、「悲しい」と感じれば離れれば良いのです。

 

 

私自身、両親なりの愛を全て受け取って、受け入れていましたが、どうしても自分の中で苦しく、悲しく感じてしまう愛もありました。
「自分への愛を全て受け取らなければならないわけではない。」という考えを知ってからは、自分で自分への愛を選択するようになりました。選択するようになってからは、両親からの愛に苦しんだり、悲しんだりすることは少なくなりました。

 

 

あなたは、あなたへの愛を選択することができます。

 

 

あなたへの愛を選択することで、まずはあなた自身を守りましょう。

愛を選択することで、あなたはもっと楽になることができます。

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。