自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

あなたが「本当の自分」を生き始めると あなたも周りもすべてが輝き始めます

いつもあなたの貴重なお時間に私のブログを訪問していただきありがとうございます。

心から感謝を申し上げます。

 

今日は、お話の前にお知らせがあります。

 

この度、個人の方を対象とした「個人向けセッション」を新しく始めることになりました。

 

 

以前より、皆さまから強くご要望をいただいておりましたが、ようやく準備が整いました。

 

正式なお知らせは、明日、6月13日火曜日、午後8時からこのブログとFacebookにてお知らせいたします。

 

たくさんの皆さまに見ていただけましたら嬉しいです。

 

お知らせは以上です。

 

いつもありがとうございます。

 

☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡☆★☆彡

f:id:erumo0225:20170612213936j:plain

今日はあなたが「本当の自分」を生きるお話。

 

 

「自分が何をしたらいいのかわからない・・・。」

「自分が何をしたいのかわからない・・・。」

「『自由にしていいよ』、『好きにしていいよ』と言われるのが一番困ってしまう。」

「自分が何のために生きているのかわからない・・・。」

 

 

最近、私の周りでは「自分がどうしたいのかわからない」という女性が増えています。

 

 

自分は何をしたいのか、自分は何が好きなのか、自分はどんな毎日を過ごしたいのか・・・。

 

 

「自分が・・・」に悩んでいらっしゃる方、とても多いです。

 

日本に生まれ育った人は、「謙遜」、「配慮」、「調和」を美徳とされ、周りから飛び抜けないこと、周りとの調和を重んじられてきました。
特に私たち、特に女性は、幼い頃から「みんなに優しく」、「周りへの心遣いを忘れず」、「気配り、目配り」と両親や周りから期待されたり、実際に言葉にしてこういうことを教えられたりしてきた人が多いと思います。

 

 

確かに、周りとの調和や周りの人を立てることは、人として大切な心がけですし、人間関係を円滑にする上でとても大事な考え方です。

 

 

ですが、いつもいつも「気配り」、「配慮」、「調和」に焦点をあて、周りの人の視線や考えを気にしていると、あなた自身のあり方、考え方、物事の捉え方のすべてが「他人」を中心としたものになってしまいます。

 

 

自分自身のあり方、考え方、物事の捉え方は、生まれながらの性格というよりも、幼い頃からの繰り返しによってあなた自身が身につけてきた、言ってみれば「クセ」みたいなものです。

 

 

他人や周りの目を気にせず、自分のことを自分なりに考え、捉えることができれば、その人は、他人や周りに振り回されることなく「本当の自分」を「自分らしく」生きていくことができます。

 

他人や周りの目が気になって、自分のことを他人の目線で考え、捉えることをしてしまうと、その人は、他人や周りに振り回されてしまい「本当の自分」を「自分らしく」生きることが難しくなってしまいます。

 

 

どちらも「自分の時間」を生きていますが、

周りを気にせず、自分が感じて、「本当の自分」を「自分らしく」生きて行くのと、

周りを気にして、自分が感じたことをなかったことにして、「他人に合わせて」生きていく。

 

 

どちらの方があなたは楽しく生きていけそうですか?

 

 

「でも「本当の自分」、「自分らしく」って、どんな感覚かわからない・・・」と言う声が聞こえてきそうですね。

 

 

では、あなたがまだ、とても小さかった頃のことを思い出してみてください。その頃のあなたはまだ、「他人に合わせる」とか「周りの人の目」を気にしていません。

 

 

とても小さかった頃のあなたは、とても自由で、毎日が「やってみたいこと」、「知ってみたいこと」があなたの周りに溢れていたと思います。

誰の目も憚らずに、蝶々を追いかけたり、庭に咲いている花を触ってみたり、地面を歩いているアリを飽きずに何時間も眺めていたり、大好きな本を夢中で読みふけったり・・・。

 

 

 

 

毎日、自分がやりたいことをやって、自分が知りたいことを観て聞いて、ワクワクしたりドキドキしたり、喜びや感動がたくさんありました。そして、小さかったあなたは、毎日キラキラしていました。
そんなときのあなたは、他人や周りの人の目なんか気にしないで、「自分」がやりたいことだけを真っすぐやっていました。

 

 

毎日ワクワクして、輝いていた小さかったあなたも、時間とともに大人になり、いつの間にか、自分がやりたいこと、自分が知りたいことを忘れて、同じような毎日の繰り返しの中にいてしまう。

 

 

「本当の自分」、「自分らしさ」って子どもの頃のあなたです。最初からあなたは「本当の自分」を持って生まれてきているのです。
いつの間にか、あなたは「本当の自分」を忘れてしまっている・・・。

 

 

忘れていても、今それをあなたが望み、あなたが幸せならば良いのです。

あなたが望んでいないのであれば、幸せを感じたいのであれば、「本当の自分」に戻っていきましょう。

 

 

あなたの中にもともと持っていた「本当の自分」、「自分らしさ」をあなたの人生に取り戻しましょう。

 

 

あなたが「本当の自分」を取り戻して「自分らしく」生きるようになると、あなたの全てが輝き始めます。そして、あなたの輝きがあなたの周りの人達も輝かせるようになります。あなたが「本当の自分」を取り戻すことは、あなたのためでなく、周りの人達も幸せにします。

 

 

勇気をもって「本当の自分」を取り戻して「自分らしく」生きましょう。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。