自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

パリ発!!素敵なブログとメール講座をご紹介します~『あなたの人生を輝くダイヤに変える10の方法』メール講座~

f:id:erumo0225:20170602003056j:plain

 

今日はパリ発の素敵なブログを書いている方のお話。

 

先日、何気なく見ていたSNSから、とても素敵なブログ&メール講座にたどりつきました。

 

ameblo.jp

 

女性は年齢を重ねるとともに、ライフステージが大きく変わりますよね。

 

 

就職、キャリア、結婚、出産・育児、子どもの成長、2回目の社会との関わり。

 

ステージが変わるごとに戸惑ったり、悩んだりして、立ち止まってしまう女性も多いです。

 

ブログを書いている「パリ美学コーチ アキ」(メレ安芸)さんも、順調な20代を過ごしながらも、どこかに息苦しさを感じて20代の最後に大学院留学のため渡英、その後、衣・食に共感できたフランスで30代を過ごしたいと、日本でのキャリアも恋愛の手放して渡仏されました。

 

その後はフランスにてご結婚されて、2人の男の子のお母さまになり、今は「自分の人生は自分でクリエイトできる」をコンセプトに、日本だけでなく、アジア、ロシア、ヨーロッパ、アメリカを中心に活躍され「パリ美学コーチング」を展開されています。これまでに関わったクライアントは800人以上のスーパーウーマンです。

 

アキさんがご自身のブログで紹介されていらっしゃった無料メール講座「パリ発
『あなたの人生を輝くダイヤに変える10の方法』を私も受講してみました。

 

メール講座は、自分の考え方、あり方を整えるマインド編、自分の感情や感覚に気づき大切にする感性編、マインドや感性を活かして具体的にどう行動するかを教えてもらえるスキル編に分かれています。

 

マインド編、感性編、スキル編、どの回をとっても「ここまで無料で教えていただけちゃうの??」と感動してしまう内容の濃さです。

 

日本だけでなく英国、仏国で活躍されているアキさんならではの視点から語られる「女性があって欲しい姿」は、新鮮で今までの自分の視点がひっくり返ってしまうような感覚でした。

 

特に、スキル編では、「明日から自分は何をすべきなのか」を具体的に教えてもらうことができます。多くの女性向けブログやメルマガなどではマインドやあり方、感情については教えてもらえますが

「で、結局、私はどうすれば良いの?」

となってしまいますが、アキさんのメール講座では、行動についても深く突っ込んだ内容を書いてくれています。

 

また、愛や自己成長などの精神論だけに偏らず、お仕事(ビジネス)や現実(自分にまつわるお金・経済)についても、深く語られているので、「何となく勉強になったなぁ」というフワッとした内容ではなく、「今の自分には何が必要なのか?」を考えさせられます。

 

さらに、感想を送るとアキさんの音声ファイルによる講座の補講をダウンロードできます。補講の内容はもちろん素晴らしいのですが、アキさんの声は、可愛らしさの中に知性やリュクスが感じされて、同じ女性でも恋してしまいそうになります(*^。^*)

 

どのメールもアキさんの力強くも温かく、思いやりと優しさに溢れた文章で彩られ、読んでいると勇気と行動するモチベーションをもらえます!!

 

メール講座、こんな方にオススメです!!(アキさんのブログからの抜粋です)

・モヤモヤした心の雲を一瞬で晴天に変えたいひと。

・自分の人生を自分で決めて、自分を生きる、人生をクリエイトして加速させたいひと。

・自分のいる世界から視点を広げ、素敵な人生を歩きたいひと。

・好きなことをやろうとすると罪悪感に駆られてしまうひと。

・何かをしたいのに、やりたいことが見つからないひと。

・私は短所ばかり…と自分に価値を感じられないひと。

・このままでいいのかな?と原因のわからない不安に襲われるひと。

・毎日同じことを繰り返してるだけで、張り合いが感じられないひと。

・自分の好きなことを仕事にして、お金を頂けるようになりたいひと。

・家事も育児も大好きな仕事も、すべて両立できる自分になりたいひと。

・趣味を仕事にしたような人を見ると、羨ましくて仕方がないひと。

・私、なんのために生きてるんだろう?と虚しくなることがあるひと。

・結婚をしたら、キャリアの道は諦めなきゃなの?と選択に迷っているひと。

年代に関わらず、すべての女性にとって必要なエッセンスが詰まっています。

 

絶対にオススメのメール講座です!!無料ですから気軽に始められますよ。ぜひぜひ、お試しください。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。