読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

  なりたい自分になるということはライフスタイルを決めるということ


f:id:erumo0225:20170306210047j:image
 

 

今日はなりたい自分とライフスタイルのお話。


あなたには、なりたい自分、目標としている自分があると思います。きっちりと仕事ができる自分。家族、友人、仲間と充実したプライベートを送る自分。
独立、起業してやりたい仕事を思いっきりやっている自分。

 


私たちは1人1人、それぞれになりたい自分を持っていて、それに向かって毎日、自分にできることを精一杯やっています。
なりたい自分は、人生のそれぞれのステージで少しずつ変化していくと思いますが、レストランを独立開店することを目指していた人が、突然、プロ野球選手を目指し始めたり、ネイルアートのサロンで独立しようとしている人が、突然、一部上場企業の役員を目指したりするように、ガラリと変わることはほとんどないと思います。
なりたい自分は、一朝一夕でなれるわけではなく、たいていの場合、時間をかけてなっていくものです。


ストレートな言い方になってしまいますが、なりたい自分になるということは、今生きている人生の中でのライフスタイルを選択し、それ以外のライフスタイルの選択は、今の人生では捨てるということです。


なりたい自分になるには、時間とエネルギーを集中して投下して、コツコツと積み上げていく必要があります。どうすればなりたい自分になれるのかを毎日自分に対して質問し、なりたい自分に向かってできることをやっていく。やってみたことを振り返り、分析評価して、修正をして、また、行動する。

これを繰り返していくと、いつか気がついたらあなたは自分自身の「なりたい自分」になっていたことに気がつきます。

そして、私たちの人生は、残念ながら、複数の「なりたい自分」になれるほどの時間持ちではありません。私たちの人生は、時間が限られていて、多く見積もっても80年から100年の間。この100年間の間に、なりたい自分を見つけて、なりたい自分に近づくための方法を探して、実践して、それに近づいていかなければなりません。
なりたい自分になっていくには、それなりの時間がかかり、100年間のほとんどの時間を費やしてしまいます。

なりたい自分になるということは、人生のほとんどの時間をかけること。つまり、ライフスタイルを選ぶということです。


学校の先生になってたくさんの生徒を育てたい人、セラピストになって自分独自の方法で社会に貢献したい人、たくさんの美容室を経営してオーナーになりたい人、自分自身は労働せず投資家として人や企業を応援していく人。


どの自分を選ぶことも自由ですが、どの自分を選んでも他の自分とは時間の掛け方、エネルギーの掛け方がまったく違います。
たとえば、プロアスリートになるために必要な時間の使い方と、経済学者になるために必要な時間の掛け方は全然ちがいます。朝、起きる時間から、食事に何を食べるのか、日中はどう過ごして、夜は何時にどうやって就寝するのか。アスリートと学者では時間の過ごし方はまったく違います。

時間の掛け方はライフスタイルですから、時間の掛け方を決めるということは、ライフスタイルが決めるということです。なりたい自分を選んだ時にライフスタイルは決まるのです。

そして、全部の自分を選べるほど、私たちの人生には時間はありません。どれかを選択して、集中することが必要です。それには、残念ですが、他は選択できません。今回の人生では捨てるしかありません。


なりたい自分になることは、他の自分は捨てて、選んだ自分に集中すること。


あなたは今回の人生で、どんな自分を選択しますか?選択した自分に集中していますか?


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。