読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

人生には不測の事態は必ず起こる だったら不測の事態を楽しんでしまおう

チャレンジ 失敗を恐れない 自分を大切にする


f:id:erumo0225:20170216203650j:image
 


今日は人生の安定とリスクのお話。

 

あなたの人生は安定していますか。


前の私は人生の不安定や不測の事態を異常に恐れて、警戒し、いつもビクビクしていました。

 

「自分の想定外の出来事が人生に起こったらどうしよう・・・。」
「不測の事態が人生に起こったら私の人生は終わりだ・・・。」

 


自分の想像を超えるような出来事が自分の身に起こったら、自分には対処できないから、自動的に自分の人生は終わってしまう。

不測の事態が起こらないように、自分の人生が不安定にならないように、いつも振れ幅が小さくなるように自分の人生を管理して、よくわからないことには近寄らないようにして、とにかく、自分が怪しいと思ったことには極力かかわらないようにして生きてきました。

 


そのお陰で、普通の大学を出て、手に職を付けて、安定した職業に就職して、そこで、毎日真面目にお仕事をしてきました。

 


私の人生は自分が望んだように一見安定しているように見える人生になりました。


ですが、・・・、やっぱり、不測の事態は人生には起こるのです!!

 

私は結婚もしましたし、離婚もしました。

 

 

なぜか私は子供のころから「自分は結婚できない」という強烈なセルフイメージを持っていました。だから、適齢期になり周りの友達が結婚していっても自分には全く想像ができませんでしたし、自分の結婚が決まったときは、自分が一番ビックリしていました。

 


結婚が想像できませんでしたから、当然、離婚なんてもっての外です。100%他人事だと思っていましたから、当事者だったけど離婚の話し合いや手続きをしているときはまるで、テレビや映画を見ているような感じでした。


テレビや映画を見ているようでも、自分で考えて、行動して、乗り切らなければなりません。渦中にいるときは毎日必死でした。毎日考えて、毎日悩んで、毎日できることを必死にやりました。

 

離婚なんて経験している人の方が少ないからアドバイスしてくれる人もいませんし、時と場合によっては、嫌な顔されることだってあります。だけど、最後は助けてくれる人や励ましてくれる人、いろいろな人が私の人生に現れてくれて、何とか乗り越えられました。

 


どんなに用心しても、どんなに安定の人生を選択しているつもりでも、私もあなたも人生には不測の事態って起こるのです。

 

だからといって、不測の事態に対してただ手をこまねいているだけはダメだと思うのです。私たちには周りの状況を観察するための目、人の助言を聞くための耳、対策を考えるための頭、考えたことを実行する手や足があります。


不測の事態が起こるのであれば、それを乗り越えるための知恵や勇気、何が起こっても生き残るための強い精神力や体力を普段から身につけておけば良いのです。
むしろ、人生、何が起こっても「何でもバッチ来ーい!!」と楽しんでしまうくらいの勢いがあっても良いのです。

 


人生に何が起こるのかは誰にもわかりません。わからないからおもしろいのです。これからあなたに何が起こるのか全部わかっていたら、あなたは人生をもっとよくしたいと努力をすることや、今を精一杯楽しむことはしなくなるでしょう。


淡々と今の人生を生きて、「やっぱりこのタイミングでこの出来事が起こるのか。」と追実証しながら、ただ年齢を重ねていくだけです。

 


不測の事態って嵐の中に居るときは不思議と「自分が荒らしの中にいる」って気がつかないというか、自分では辛くは感じないです。
姿勢を低くして、周りをよく見て、少しでも脱出出来そうなところからタイミングを測って「えいっ!!」って飛び出す。


飛び出した先には波も風もおさまった、穏やかな天気が待っています。そこには今まで見たことのない風景が広がっています。安定ではない不測の事態も悪くはないですよ。


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。