自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

なりたい自分になるためにあなたにやってみて欲しい簡単なこと


f:id:erumo0225:20170213201848j:image

今日はなりたい自分がある人にやってみて欲しいことのお話。


あなたにはなりたい自分がありますか。


もっと仕事ができる人になりたい。
もっと自立した人になりたい。
もっとお給料をたくさんもらえる人になりたい。
もっとモテる人になりたい。

今の自分自身も好きだけど、もっと違う自分も発揮してみたい!!
今の自分も十分頑張っているけれど、もっと違う自分を見て見たい!!

現状の自分の自分から成長した自分、なりたい自分を自分の中に持っている方がたくさんいると思います。なりたい自分を実現するために、毎日、通学や通勤のわずかな時間の中で本を読んだり、資格の勉強をしたり、既にそうなっている人に話を聞いたり目標とする団体に所属してみたり。


頭で考えるだけ、インターネットで情報集めるだけ、既に行動を始めている人を批判するだけ。身体を動かさず、口や手だけを動かすだけで終わりにしてしまう人が圧倒的に多い中で、あなたがなりたい自分を目指して既に行動を始めているならば、とても素晴らしいことです。これからもなりたい自分を目指して行動を続けてください。応援しています。


行動できる人もいれば、行動に移せない人もいます。
仕事が忙しくて今は時間がない。家族の理解が得られず今は行動できない。
情報が少なくて何から始めたら良いのかわからず行動できない。


人にはそれぞれ、好機があります。隣の人が行動しているけど、自分は行動できていないからダメ、行動できているからなりたい自分に近づいているけど、行動できていない自分は、なりたい自分にまだまだ遠い。

どちらが良い、悪い、どちらが優れている、劣っている。優劣、善悪、良否・・・。ジャッジの話ではないのです。ただ、その人が行動する時期になるか、ないかだけで、そこに良い悪いはないのです。


「思い立ったから、即行動!!」とできればいいのですが、人にはそれぞれ人生の段階がありますから、あなた自身の状況、あなたの周りの状況、あなたがいる環境によっては行動が難しい時期も必ずあります。

 

今、行動することが難しくても、あなたの人生の中で、いつか、行動するための時期が来ます。時期が到来したとき、好機を逃さず、素早く行動し、なりたい自分になるためにやって欲しいことがあります。しかも、それは、かなり精度の高い方法ですが、とても簡単な方法です。


時期が到来したとき、素早く行動し、なりたい自分になるためにやって欲しい簡単なこと。それは、「いつもそのことを考える」です。


通学、通勤の電車に乗っているときも、ご飯を食べているときも、ジムで身体を動かしているときも、お風呂に入っているときも、夜ベッドに入って眠ってしまう直前も。

いつも、いつも「なりたい自分」のことを考えるのです。

仕事ができる人になりたいのであれば、いつも仕事のことを考えます。
「自分が仕事のできる人になったら、どんなこと考えているのかなぁ」
「自分が仕事のできる人になったら、どんな姿勢で歩くのかなぁ」


お給料をたくさんもらえる人になりたいのであれば、いつもお給料のことを考えます。
「自分がお給料をたくさんもらえる人になったら、どんな話し方をするのかなぁ」
「自分がお給料をたくさんもらえる人になったら、どんな休日を過ごすのかなぁ」


モテる人になりたいのであれば、いつもモテることを考えます。
「自分がモテる人になったら、どんなデートコースに誘うのかなぁ」
「自分がモテる人になったら、どんなプレゼントをパートナーにあげるのかなぁ」


いつも、いつも「なりたい自分」になったときのことを考え続けるのです。


行動はできなくても、頭で考えることが自由ですし、時間も場所も選びません。いつでも、どこにいても、何をしていても、頭が空いている時間であれば考えることができます。


いつも「なりたい自分」を考える。「なりたい自分」オタクになるのです。


人の脳は、自分が考えていることを拡大、発展させようとし、拡大発展するために必要な情報を常に集め続けます。

あなたが寝ていても、食事をしていても、友達としゃべっていても、上司に怒られていても。ずっと、ずっと、探し続けます。

そして、あなたが「なりたい自分」について考えれば考えるほど脳は情報収集の精度と確度を上げていきます。


簡単ですよね。


考えることは自由だし、道具も必要ないしお金もかかりません。今すぐできます。あなたも、ぜひ、やってみてください。


今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。


いつもあなたを応援しています。