読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

あなたのコミュニティをあなた自身が創りあげてみませんか

f:id:erumo0225:20170112220627j:plain


今日はコミュニティのお話。


私たちは、毎日、いろいろなコミュニティの中で活動しています。家族や友達、学校やサークル、職場や地域社会。

「私は人間関係が狭いので」と言う人でも、「住んでいる市町村」というコミュニティには必ず所属していますし、例えばいつも買い物をするコンビニも、そのコンビニをあなた自身がそのコンビニを選んでいるには理由があって、その理由はいろいろであったとしても、そこに集まる人、働いている人とは何らかの関係があって、それも広く捉えればコミュニティです。


関係の濃淡はあっても、あなたは、何らかのコミュニティに所属し、活動し、その中の人達と繋がっています。


今までのあなたは、今、自分の活動しているコミュニティをあなたが意識せずに選択していたことも多かったと思います。例えば、生まれ育った家族や幼い時に通った保育園や小学校などは、そのコミュニティを自分自身で選んだ人は、とても少なく、ほとんどの人は与えられた選択だと思います。


しかし、大人になった私たちは、自分自身が所属したいコミュニティ、繋がりたい仲間を自らの意識で選択し、所属し、仲間と繋がり合うことが出来ます。あなたも既に、自分が意識をして選択したコミュニティに所属して活動しているかもしれません。


あなたは、そのコミュニティを今の自分の興味や関心、それまで生まれ育った環境、あなた自身が持っている知識や経験を基準にして選んできたと思います。野球が好きな人は、野球チームに所属しますし、アニメが好きな人は、アニメが好きな人のコミュニティに所属しますし、お料理好きな人が集まって、カフェを立ち上げている人もいるかもしれません。


同じ分野に興味がある人同士であれば、共通の話題も多いでしょうし、共感できることや共有できる情報もたくさんあると思います。そのコミュニティでの時間は、家庭や職場や地域で過ごす時間とは全く違う、充実した時間をあなたに運んで来てくれていました。


これまであなたが属していたコミュニティは、今のあなたになる過程でとても大切でしたし、そのコミュニティから得られたことは数え切れないくらい有ったと思います。
あなたは、そのコミュニティでの活動の中で、十分な力を付けることが出来ました。これからは、自分自身の力でコミュニティを選んでいってみませんか。
もっと言えば、あなた自身がコミュニティそのものを創ってみませんか。



あなたは、コミュニティを創ることが出来る力を既に自分自身の中に持っています。あなたに必要なことは、自分自身の中にある力をあなた自身が意識をすることだけです。
そして、あなた自身はこれから創りあげるコミュニティを、興味や関心、生まれ育った環境、知識や経験など、過去のあなたが得たものを基準に創りあげるのではなく、これからのあなたが「自分の人生をどうしたいか」、「自分の人生をどう進んでいきたいか」を基準に創りあげていくことを意識しましょう。



興味や関心、これまでの環境や経験がバラバラな人が集まったコミュニティは、まとまりがないようにも見えますが、時間や空間の枠にとらわれない自由な発想やエネルギーの発散が起こって、これまでと全く違うものが生まれる可能性や機会も含んでいます。
その中であなたが活動することや仲間と繋がりを持つことによって、今までと全然ちがうあなた自身に気がつくかもしれません。



今の自分を創りあげてくれたコミュニティに感謝しつつ、自分で自分を育てることが出来る大人として、あなたの新しいコミュニティを意識してみましょう。
今は、あなたの目の前に新しいコミュニティは影も形もないかもしれませんが、意識を向けることで人があなたの周りに集まり、コミュニティが生まれます。



今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。



いつもあなたを応援しています。