自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

自分の枠を広げよう

f:id:erumo0225:20170107200657j:plain

今日は自分の枠を広げるお話。


前回はなりたい自分になるために、セルフイメージを書き換えましょうというお話をしました。

heartwarminglife.hatenablog.com



その中にも書いたのですが、セルフイメージって自分のそれまでの人生が反映されています。過去からの自分の知識や情報、経験、他人からの評価を総合して、あなたのセルフイメージは出来上がっています。セルフイメージは自分の中だけものだから、思い込みで作られている部分も大きいです。



子供のころに両親から肯定的なことを言われて育ってきた人は、自分に対して肯定的な思い込みが作られ、肯定的なセルフイメージを持っていますし、

否定的なことを言われて育ってきた人は、自分に対して否定的な思い込みが作られ、否定的なセルフイメージを持っていることが多いです。


子供の頃からのセルフイメージは、自分の周りの環境の影響を強く受けてしまいます。両親や兄弟、学校の先生や友達、先輩。子供は狭い世界に住んでいて、特に保護者の保護無しには生きていけませんから、これは仕方のないことです。


ですが、大人になったあなたは違います。
自分のセルフイメージを書き換えることが出来ます。


そして、セルフイメージを書き換える方法はいろいろありますが、「自分の枠を広げる」ことも有効です。


自分の枠とは、自分自身に持っている大前提や自分に対する思い込み、自分の中の常識のことです。

自分にはこの程度の能力しかない。
自分には才能はないから、こんなことは出来るはずがない。
自分はこの程度の人間だ。

こんなことが出来るのは、あの人だからだ。
あの人には才能があるから、どんなことでも可能になる。
あの人は才能あふれる素晴らしい人だ。


私たちは、何故か、他人に対しては良いイメージを直ぐに持つことは出来ますが、これを自分に置き換えるととたんに悪いイメージしか持てなくなります。


でも、あなたもその人も持っている能力は全然かわらないのですけどね。違いがあるとすれば、「自分自身の枠の大きさ」だけです。


最初にも書いたとおり、過去からの自分の知識や情報、経験、他人からの評価を総合して、あなたのセルフイメージは出来上がっています。

自分の枠は、過去から自分の知識や経験です。
私たちは、自分の経験や知識によって、自分が知っている世界の枠を作っています。
この枠の中は、自分のお庭みたいなもので、枠の中のことは隅から隅まで、あなたは全部知っています。自分が知っている世界ですから、あなたは安心だし、安全です。


私たちは枠の中にいる時は、暖かい春の日だまりにいるような気分です。心地が良くて、安全で、安心。


だけど、自分の枠の外のことはあなたには全然わかりません。何が起こっているのか、誰がいるのか、枠の外で生きて行くには新しいスキルや経験が必要なのか?もしかしたら、命の危険があるかもしれない!!


ここを飛び越えることを考えると、あなたは恐怖と不安でいっぱいになります。
だから、多くの人は自分の枠の中にい続け、枠の外にはでません。枠の外に出ないと言うことは、今までのセルフイメージから変わらないので、今までの自分でいること、今までの自分と変わらないということ。


あなたがなりたい自分、自分を変えたいと思っているならば、あなたは枠の外に出る必要があります。

枠の外に出て、今までとは違う経験や環境にいかないとあなたは今までの自分からは変われません。

たとえば、週末一人旅をしてみる、
趣味のサークルに入って、新しい人間関係を作ってみる、
入ったことのないカフェや本屋さんに入ってみる。

こういうことがハードルが高ければ、通勤にいつもと違う道を通ってみるとか一駅前の駅で電車を降りるとかちょっとしたことからで良いのでやってみましょう。

ちょっとしたことを3ヶ月積み上げると、行動や環境がかなり違ってきます。

行動や環境が変わると考え方が変わり、発言や態度も変わってきます。

こうやって自分の枠をちょっとずつ広げていくことで、あなたのセルフイメージは劇的に変わります。


毎日のちょっとした変化で、自分の枠を広げて、なりたい自分に自分を変えていってみましょう。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。