自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

本当の自分とつながる 自分の声を聴く

f:id:erumo0225:20161223003503j:plain

 

今日は本当の自分とつながるお話。

 

たくさんの人が、ブログやSNSを通して「本当の自分とつながりましょう。」とか「自分の声を聴きましょう。」と発信しています。
年末のこの時期は、新しい年に向けて、特にこういった話題が多く語られているような気がします。

「本当の自分とつながる。」、「自分の声を聴く。」これってどういう意味なのでしょうか。

 

私は最近まで、「本当の自分」、「自分の声」の意味が全然分かりませんでした。瞑想したり、サブリミナルの音源を聞いてみたり、いろいろやってみましたが、つながった実感もないし、どこからも声は聞こえてこない・・・。
悲しくなるくらい何のことか、さっぱりわからず、もやもやしていました。

でも、最近、ちょっとわかってきたような気がしています。

 

「本当の自分」、「自分の声」って、このブログに書いていることなのかな、と思い始めました。

 

以前、私はFacebookを使って自分の考えたことを発信していました。しかし、Facebookには、自分の実体がくっついてしまっているので、周りの人から私に対して直接「最近どうしたの?」、「精神的に疲れているのでは?」、「理屈っぽいね。」など、いろいろな意見や感想をもらいました。

 

意見や感想をもらえることはとても、有り難いことではありますが、窮屈なこともありますし、自分の考えを曲解されてしまうこと、誤解されてしまうこともありました。

そのうち、人目を気にしながらFacebookの記事を書くようになりました。
自分を自由に表現したくて始めたはずのFacebookだったのに、人目を気にして投稿してしまう。
人目を気にして投稿しているのでは、実体の生活で発言したり行動したりしていること同じで、Facebookで書いている意味がありません。
結局、更新が止まってしまいました。

 

私はこのブログのことは、周りの人にはほとんど知らせていません。私の実名も書いていませんし、詳細なプロフも載せていません。読んでくださっている方には、これを書いている私は、どこの誰か全然知られていません。

 

私たちの普段の生活では、自分という実体があります。その実体が考えたり、しゃべったり、行動したりして、人によって多い少ないはありますが、自分を表現しています。あなたも私も、生まれた時から実体を持っていて、実体が行動し、表現し、行動と表現の積み重ねで今の私たちの現実を創ってきました。

 

私たちは一人で生きているわけではありませんから、自分の実体の周りにはたくさんの人達がいます。そして、自分も周りの人達もお互いに影響し合って生きています。
実体の自分は、周りの人の目や評価、意見が気になってしまう場面もたくさんあり、100%の自分を表現できない場面もあります。

 

一方で、ブログの中の自分は、実体はなくて、自分の考えを文字に乗せて表現をしているだけで、私ことを知っている人はいません。
実体が知られていませんから、周りの人も目や評価、意見を気にしないで、自分の考えを100%自由に表現することができます。

 

自分の考えを100%表現出来ているということは、このブログの自分こそ「本当の自分」であり、書いていることが「自分の声」なのかなと思うのです。

 

正直、拙い文章ですし、読んでみて恥ずかしくなってしまうこともたくさんあります。ですが、それも今の自分。
拙い自分、恥ずかしい自分も、今の自分であると自分自身が素直に認め、受け入れて、ブログと一緒に成長していきたいです。

 

これからもこのブログを通して本当の自分を表現しながら、本当の自分とつながり、自分の声を聴いていこうと思います。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。