自分の人生は自分で決める

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなりました

自分へのご褒美は先延ばしにしなくてよいのです


f:id:erumo0225:20161121200207j:image
 

 

今日は日々の生活の中に幸せを感じてもらいたいお話。


私たちは、少しでもなりたい自分に近づきたい、

自分も周りの人達も幸せなになって充実した人生を送りたいといつも願っています。

そして、より良い自分、幸せな人生を実現するために、

毎日出来ることを少しずつ積み重ねていると思います。

 より良い自分、幸せな生活は、

ある日突然、遠いところからやってくるわけではなく、

小さな現実を目の前に積み重ねることによって実現していきますし、

これに向かって努力をしていくことは素晴らしいことです。


目標やなりたい自分になるため、

自分の時間を大切にしながら、

仕事、家事、人間関係、美容・健康、趣味、知識、あらゆる面で努力をしています。


ですが、力が入ってしまい、頑張り過ぎてしまうことはありませんか。


仕事の面で周りに認められたり、

少しでも良い成果を組織に提供出来るように頑張ったり、

家族や友人同僚に喜んでもらえるように自分の時間を割いて世話をしたり、

面倒をみたり、

いつまでも健康を維持できるように、

定期的に身体を動かしたり、食事をきちんと管理をしたり。


真面目で一生懸命なあなたは、

毎日の小さな積み重ねのために、日々、頑張ってしまう。


ちょっと、立ち止まって考えてみませんか。

どうして努力するのか、どうして頑張るのか、どうして一生懸命になるのか。

 

努力、頑張り、一生懸命は

「自分も周りも幸せになるため」です。


であれば、たった今から自分の幸せを感じてみませんか。


好きな茶葉でお茶を入れて、ゆっくり味わう。

空を見上げて綺麗な月を眺めてみる。

しばらく連絡をしていなかった友人にメールをしてみる。

読みかけだった本を読む。


何でも良いです、5分間で良いです。

自分のために自分の時間を好きなように使ってみてください。

ふわっとした気持が心の中に現れると思います。


私たちは先のことに目を向けがちです。

「今、頑張れば、将来、幸せな時間が来る。」、

「今、努力をすれば、三ヶ月後に良い結果が得られる。」、

「今、一生懸命やっておけば、後から楽になれる。」


未来を見すえて頑張ること、努力すること、一生懸命になること。

全部は幸せになりたいことに繋がっています。


でも、一生懸命になるあまり、方法が目的になってしまっていることもあります。


私たちは努力をしたいから、頑張りたいから、一生懸命になりたいから、

毎日の生活を送っているのではなく、

「幸せを感じる」ために生きている。


ご褒美は先延ばしにしなくても、

今、この瞬間から味わって良いのです。

頑張った先でなくて良いのです。

 

 

生活の中で頑張る時間をちょっと減らして、

「幸せを感じる時間」に変えていってみてください。

毎日が少しずつ変わっていくことを感じることができるようになります。


今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。