読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

自分自身を発信すると 自分のためにも周りの人のためにもなります

f:id:erumo0225:20170225001141j:plain

 

今日は自分を発信してみるお話。

 

「ブログを書いてみたい。」
「FBで自分を発信してみたい。」

 

こう思っていても、

なかなかブログが開設出来ない、

FBにアカウントが作れない。

 

こういう方、多いと思います。

かつての私もそうでした。

 

「こんなこと言ったら、変に思われる。」
「あなたは間違っているって言われたら。」
「これは私の考えを真似している!」

 

 

考え出したら
次々に悪いことが浮かんで、
結局、いつも避けていました。

自分発信を裂けていることをある人に話したら、「それはエゴだよね。」と言われました。

 

あまりにサラッと言われたので、その時は何のことか全然わかりませんでした。

 

前の私は

私の発信なんて誰も読まないよね。
(読んでもらえなかったら自分がガッカリする)
誰かから内容を批判されたら恐い。
(指摘を受けたら自分が嫌な思いをする)

考えの誤りを指摘されたらショックだな。
(考えを否定されたら自分が否定されたような気がする)
文章が未熟だと言われたら自分が腹が立つ。
(未熟な文章と言われたら自分らしい文章が書けなくなってしまう)

書く前からこういうことを、想像してしまっていました。

 

この想像はどこから来るのかをさらに自分を掘り下げてみると、

 

自分だけは批判を受けたくない。
自分だけは指摘を受けたくない。
自分の未熟な部分だけは晒したくない。

 

自分だけは良い子でいたい、
嫌な思いをするくらいなら止めておこう、
という、自己中心的な発想から来ていたのです。

 

自己中心的発想に気づいた時、
「これってエゴだな。」と、自分でも気がつきました。

 

誰も読まなくても、
誰かに批判されても、
誰かから指摘を受けても、

自分が何かを言ってみたいなら、
自分から言ってみれば良いのです。

反応が有ろうと、無かろうと。
誰かに何か言われようと。

間違っていたら、
素直に直せばいいし、
批判されたら、
素直に謝ればいいし。

他の人からの反応は関係ないのです。

あなたが自分の内側から出てきたものを、
あなたの言葉でそのまま言葉にして出して良いのです。

 

言葉は目には見えないですが、エネルギーを持っています。
あなたが言葉にして発信することで、そこからあなた自身も変わっていくし、
あなたあの周りの人達も変わっていきます。

 

しかも、
その変化はあなたや周りの人にとって必ずプラスに働いていきます。

 

そしていつかそのプラスが思いもよらないところから
自分や周りにに帰ってきます。

 

こうやって、あなたがあなた自身を発信することで

あなたは他者に貢献できるのです。

 

あなたの中にあるエゴを手放して、自分を出してみましょう。

あなた自身、あなたの人生がきっと変わってきますよ。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。