自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

動くチャンスも大切 ケアすることも大切

f:id:erumo0225:20161030210317j:plain

今日は恋をすることのお話。

 

あなたは最近、恋をしていますか。

 

これは「恋愛をしましょう。」ってことではなくて、「誰かを好きでいましょう。」ってことです。

恋をする。誰かを好きになったり、誰かのことを思うと心がウキウキしたり、切なくなったり・・・。

 

私はこの5年間くらい、恋をしたことがありませんでした。好きな人はいないし、素敵だな、カッコいいなって思う人もいませんでした。
誰かそういう人がいた頃は、職場でも趣味でもその人がいる場所に行くことがすごく嬉しかったですし、毎日がウキウキ、ワクワク楽しかったような気がします。

 

残念ながら、ウキウキ、ワクワクの感覚も恋をしないせいか、忘れててきてしまっていました。

 

と、思っていたのですが、私にも最近、変化がありました。私の周りにカッコいい人が増えたのです。

 

まずはピラティス教室の先生。
私は週に1回、ピラティス教室に行っています。教室の先生はは男性です。
ピラティス教室で男性の先生?」最初は驚きましたが、他に教室も見つかりませんでしたのでしばらく通ってみることに。

 

教室に通い始めてみると、嬉しいことに先生がとても素敵だったのです。
ピラティス教室の先生ですから、当然、インナーマッスルがしっかりしていて姿勢がとっても良い。落ち着きがあって、さわやかで・・・雰囲気もとても素敵です。教室の最後にその時間のサマリーと最後のご挨拶をするのですが、この時の少し照れながら話す姿がまたまた素敵。

 

ピラティス教室の先生、カッコいい・・・。」と教室に通うのが楽しくなりました。

 

そうすると不思議なことに、私の周りにはどんどんカッコいい人が増えていきました。

 

月に何回か訪問する企業の担当の男性、同じフロアの隣の部署の男性、エレベータでしばしば顔を見かける男性。
今まで気が付かなかったのが不思議なくらい素敵な人が増えてきました。

 

周りに素敵な人が増えたので毎日の生活も楽しくなりました。一週間のうちでどこかでは素敵な方にお会いできるのですから。

 

素敵な人が増えるようになってから間もなく、私にビックリするようなことがおきました。
5年間、気になる人がいなかった私に、好きな人が出来たのです!!

 

最初に会った時は何とも思わなかったのですが、何回か顔を合わせるうちに「もしかしたら、好きかも。」に変わって来ました。

 

自分でもとても懐かしい感覚なので、まだ、はっきりとはわかりませんが、好きかもしれません。

 

誰かを好きになることや、誰かに気持ちを動かされることは、もしかしたら、自分が傷つくことになるかもしれないので、とても怖いことです。
大人になると傷つくことをさらに恐れるようになります。
私自身もこれまで、傷つくことが怖くて避けていたのかもしれません。

 

何事においてもですが、傷つくことは怖いことですが、怖いからと恐れて動かないのでは何も始まりません。
動きたくなるチャンスって、なかなか巡ってくるものではありません。
せっかく動くチャンスが巡って来たのであれば、私自身、思い切って動いてみたいと思います。

 

大人になった私たちには知恵と経験があります。
無防備に動いてあえなく玉砕・・・ではなく、知恵と経験でケアすることも頭の隅に置く。ズルいことではなく、知恵と経験を身に付けた大人としての行動です。


知恵と経験でケアすることも頭の隅に置きながら、動くチャンスを掴んでみませんか。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。