読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

ブログを書くといいことたくさん!!ブログを始めて2ヶ月経って思った8つのこと

チャレンジ 丁寧に暮らす 心の安定 新しい自分

f:id:erumo0225:20161029113922j:plain

 

今日はブログのお話。

 

8月21日に始めたブログが2ヶ月経ったので、感じたことを書いてみたいと思います。

 

 

1.一日も休まないで書けた

内容の良否はとりあえず置いておいて、これまで一日も欠かさないで更新出来ています。これが一番自分で驚いています。「どうせ、直ぐに飽きちゃうよね。」と思いながら始めたブログですが、なぜか、続けて書けています。

「毎日更新は無理!!」と思っていましたが、意外にも書きたいことが毎日、毎日浮かんできます。たまには、無理矢理文章にしている日もありますが・・・。
毎日いろんなことが浮かんで来るので、浮かんだら直ぐにスマホにメモをしてそれを膨らませて書いています。

 

2.読者さんがついてくださった!!(→これが一番嬉しい!!)

私のような個人が書いているブログに、まさか読者さんがついてくださると思っていませんでしたので、これが一番嬉しかったです。読者の皆さま、本当にありがとうございます。

二ヶ月が過ぎた頃から平均的に毎日300件近いアクセスもいただいています。必ずしも、皆さんの知りたいこと、読みたいことが書けているとは限りませんが、これからも誰か1人でも「読んで良かった。」って思っていただけるように書いていきたいと思います。

 

3.自分の中の考えがまとまる

素人とは言え、インターネットと言う海のような無限の場にブログを公表するためには、自分の考えを文章にまとめる必要があります。私は直ぐに考えがあちこち行ってしまうのですが、ブログを書くために文章を書くことによって、自分の思考がまとまるようになりました。また、読み返してみることによって、「自分ってこんなことを考えているんだぁ。」と改めて思うこともありました。

 

4.他のブロガーさんのブログを読むことで多種の考えに触れることが出来る

自分のブログも書きますが、他のブロガーさんのところにお邪魔しています。平日は時間が取れないので、週末にまとめて訪問していますが、いろんなブロガーさんのブログを見ることで「いろんな考え方があるなぁ。」と、改めて思います。
特に、ブログは文字が必須だから何回でもじっくりと読むことが出来るし、難しいことは調べながら読めるから、ブログを書く云々を抜きにして自分自身の人生の勉強になります。

 

5.日常の生活にリズムが出来た

ブログが書きたいので、仕事を早く切り上げて退社しています。その分、昼間に集中してお仕事するようになりました(じゃあ、今まではなんだったの?)。だらだらといつもでも仕事をするのを止められました。

ブログの更新時間をある時刻に決めているので、今はこれを中心に生活が回っています。人って意外な切っ掛けで、生活を変えられるのですね。

 

6.お金を無駄遣いしなくなった

会社帰りにドラッグストアとかショッピングモールとかに寄らなくなったので、無駄な買い物が減りました。部屋も少しは片付いたし、無駄な出費が減りました。

 

7.結果的に痩せた

家に帰った後や週末など、今まで何となく過ごしていた時間にブログを書いたり、考えたりするようになりました。考えている時は集中しているので、余計なことに意識が向くことがなくなり、結果、余計なモノを食べたり、飲んだりしなくなりました。
ブログを書くことはダイエットの目的は全くありませんでしたが、結果的に痩せました。嬉しいオマケでした。

 

8.文章を書くことが好きだ!!

内容の善し悪しはありますが、私は文章を書くことが好きなのだと気がつきました。1人で静かにものを書いている時は、心に平穏を感じます。今ではブログを書くことは、自分の生活の中に必要な時間になっています。
ブログを書きながら「自分が今なにを感じているのか。」を感じるようになりました。
文章を書くことはいつでもどこでも、何歳になってもその瞬間から始めることができるので、これから先ブログを中断したり止めてしまったりしても、再開と中断を繰り返しながらでもずっと続けていきたいです。

 

以上、私が二ヶ月ブログを書いてみて思ったことをまとめてみました。

 

この記事にも書いたのですが、ブログを書くといいことがたくさんあります。

 

heartwarminglife.hatenablog.com

 

正直、毎日好き勝手なことを好き勝手に書いてしまってます。

ごめんなさい。

でも、これが私だからお許しくださいませ。

 

これからも生温かく見守っていただけたら嬉しいです。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。