読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

自分の思考が現実を作る 自由な思考でなりたい現実を自由に作ろう


f:id:erumo0225:20161027200538j:image
 

今日は思考と現実のお話。

今日、実は、私、朝寝過ごしてしまいました。家族に「今日は仕事に行かないの?具合でも悪いの?」の声を掛けられて、初めて目が覚めました。時間は既にいつも起きる時間よりも50分過ぎていました。

最近、毎日、出張とお客様とのハードな打ち合わせが続いていて、それがジワジワとボディーブローのように身体に効いていたみたいです。

自分で思っている以上に身体が疲れてしまったらしく、結果、今朝は寝過ぎてしまうことになりました。

起きた瞬間、何が起こったのか自分でもよくわからず、とは言っても、習慣とは恐ろしいもので身体は動き始めて、いつものように出勤の準備をしていました。

しかし、次第に状況がわかってくると「これってもしかして、始業時間に間に合わない?遅刻?」という思考が頭に思い浮かびました。

今までの私であれば遅刻に気がついたら、「うわーっっっ!!!」とパニックになってしまい、思考停止して「どうしよう、どうしよう!!!」ってなっていました。

しかし、今日は何故か、すごく冷静で「1時間くらい遅れたからって、だから、何だろう??」と考えられました。そうしたら「1時間遅刻しても大丈夫な理由」が次々と頭の中に浮かんできたのです。

「今日はお客さんが来る予定だった!!」

→「今日の来客は10時からだから大丈夫」

「毎朝のフロアのお掃除誰がするのだろう!!

→「フロアのお掃除は毎日しなくても大丈夫」

「遅刻はいけないことだよね!!」

→「遅刻はダメだけど、休暇にすれば大丈夫。」

「周りの人にどう思われるかな?」

→「周りの人に『遅刻した』って目で見られても根拠はないけど大丈夫。」

「上司に何か言われたらどうしよう。」

→「上司に怒られても、最終的に命までは取られないから大丈夫。」

 

最終的に「ひょっとして、私、大丈夫なのかな?」と思ったら誰に許可をもらった訳ではありませんが、大丈夫のような気がしてきました。結局、遅刻はしなかったので現実も大丈夫になりました。

 

自分が今の自分自身に「大丈夫」って言ってあげると、不思議と大丈夫な現実が次々と自分の前に起こり始めます。

 

私たちは自分の今、目の前に起こる現実を思考で作り出しています。

周りにはたくさんの人がいて、たくさんの出来事が起こりますが、これって全部、自分の思考が現実を作り出したものです。

自分の目の前に起こったことに対して、自分が思考して、自分で意味づけをして、自分なりの現実を作り出しています。
さらに、自分の過去は、自分が自分で解釈を付けた思い込みですし、自分の未来は、自分が想像している思い込みだったりします。

 

自分の現実は自分で自由に作り出しています。

 

「そんなことない!!だって、自分が嫌だなってことだって現実にどんどん起こっている!!」って言う人もいるかもしれませんが、嫌な現実も何かの自分の思考が作り出しています。

 

人って自分で思考した現実しか作り出せないのです。

 

自分で自分の現実を作りだしているのならば、自分の都合が良いように作っちゃいませんか?

 

自分が「大丈夫」って思えば、大丈夫な現実が目の前に現れます。


自分が「もうダメ」って思えば、「もうダメ」な現実が目の前に現れます。

 

これって本当にシンプル。どちらの現実を作り出すのも自分の自由です。今、この瞬間から自由に現実を作り出せます。

 

あなたはどんな思考で現実を作り出しますか?

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。