読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

なりたい自分になるためにあなたにやってもらいたい3つのこと

なりたい自分 自分の人生を大切にする 自分を変える

 f:id:erumo0225:20161011231811j:plain

今日はなりたい自分になるためのお話。

 

前になりたい自分になれない理由について書きました。

 

 

heartwarminglife.hatenablog.com

 

 

では、なりたい自分になる、自分の望みを叶えるためには、私たちはどうすればよいのでしょうか。 

 

1.時間の流れは未来から今に向かって流れていることを知る

恐らく多くの人は時間は過去→現在→未来の順に流れていると認識しています。

しかし、自分の望みを叶えている人達は、時間は未来→現在→過去と流れていると認識しています。

未来の自分がなりたい自分になっているところ、自分の望みが叶っているところをイメージします。時間は未来から始まるのです。

そして、自分が未来にイメージしたことが現実に向かって流れている間に、自分の今の現実が未来に向かって整い始め、未来からの時間の流れが今になったときに現実と自分がイメージしたなりたい自分がぴったりと重なってなりたい自分になれるのです。

時間は絶えず流れています。今と思っているものは、次の瞬間には過去になっていますし、未来だと思っているものは、次の瞬間今になっています。

時間は未来から今に向かってながれ、それと同時になりたい自分が今の自分に近づいて来るのです。

 

2.なりたい自分になるための行動をする

どんなになりたい自分をイメージしても、それに対する高揚感や期待を持って毎日を過ごしていても、毎日、これまでと変わらない行動をしていては現実は変わりません。

今、なりたい自分になっていないのであれば、行動を変えなけば何も変わりません。

現実を変えたいのであれば、今までと違う行動をしてみる、行動を変えてみる必要があります。

しかし、人は今を変えることを本能的に恐れます。ですから、行動を変えると言っても、転職するとか、世界一周旅行に出かけるとか、急に大きく変える必要はありません。逆に大きく変えたものはその反動も大きいですから、揺り戻されて結局、元の自分に戻ってしまいます。

それよりも今の自分に無理のない範囲で少しずつ行動するのです。少しづつ変えていけば良いのです。

それを積み重ねていくと、いつの間にかなりたい自分に近づいていることに気が付くはずです。

 

3.なりたい自分になる勇気をもつ

前の記事にも書きましたが、なりたい自分になれない人の多くは、本当の自分の望みをわかっていないか、他人の目や失敗した自分を恐れ、本当の自分の望みを遠慮してしまっています。

あなたの人生はあなた自身のものであり、他のだれのものでもありません。自分の人生を良くも悪くも出来るのは、あなただけです。

周りの人に遠慮しないのはもちろんですが、自分自身に遠慮するのを止めて、自分の望みを叶えてなりた自分になる勇気を持ちましょう。

そして、なりたい自分を手に入れるためには、何かを手放す必要があることも併せて知っておくことも必要です。

両手にいっぱいに持っていたら新しいものが来ても、それを掴むことは出来ませんよね。

ですから、今の自分を振り返ってみて「もう、これ、要らないな。」っていうものを手放す勇気が必要です。

 

自分の未来を決めて、行動して、それを叶えることが出来るのは自分自身だけです。人は自分が想像出来たことは、創造することが出来ます。
想像出来た自分を自分の力で叶えて、素敵な未来をどんどん叶えていきましょう。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。