自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

なりたい自分はSNSの中ではなく 淡々とした毎日の生活の中にいます

f:id:erumo0225:20160925004604j:plain

 

今日はなりたい自分がどこにいるのかのお話。

 

 

ITテクノロジーが

ものすごい速さで進んだ現代は、

 

パソコン、

スマートフォン

タブレット

 

 

様々なギアをとおして、

いつでも、

誰でも、

どこでも、

世界中の情報に

アクセスすることが出来ますね。

 

 

 

ウェブサイト、

ブログ、

Twitter

Facebook

LINE。

 

 

様々な、

アクセスサイトが用意され、

 

そこにアクセスすれば、

あふれるほどの情報が

洪水のように押し寄せてきます。

 

 

その中から、

自分に必要な情報を

取捨選択するのが、

困難なくらいです。

 

 

私たちは、

この数年で、

有史以来、

1900年代までに、

全人類が受け取って来た情報の量よりも

多い量を受け取ったとも言われています。

 

 

タイムラインには、

ありとあらゆる情報が瞬間的に流れ、

プッシュ通知で、

情報の受信を常に

知らせてくれる。

 

 

本当に便利な世の中です。

 

 

その便利さを享受しながら、

ふと思うときがあります。

 

 

「本当の自分はどんな生活を望んでいるのか?」

 

 

便利な生活は、

豊かさを感じさせてくれます。

 

ほんの数年前には、

考えられなかったような、

豊かな生活を

私たちは謳歌しています。

 

でも、

本当の望む生活なのか・・・。

 

 

今は、

ブログに

Twitter

Insgram

Facebook

 

 

様々なSNSから、

個人が

ダイレクトに

全世界に向かって、

情報を発信しています。

 

 

これを覗けば、

たちどころに、

いろいろな人の

いろいろなライフスタイルを

垣間見ることが出来てしまいます。

 

 

その中には、

 

まるで

タレントさんか、

女優さんのような、

きらびやかなライフスタイルの人、

 

 

自分で起業して、

仕事をバリバリしながら、

プライベートの生活も

満喫している人、

 

 

自分のスタイルを

全面にアピールしながら、

創作活動に勤しむ人。

 

 

キラキラとした、

毎日を送っている人たちが、

溢れています。

 

 

特に、

最近は

女性の起業が

脚光を浴び、

 

 

その中で、

自分のやり方を貫いて、

注目を浴びている人たちも

たくさんいます。

 

 

SNSの中の人たちと、

自分のリアルの毎日。

 

 

SNSは、

日常の中の

ほんの一瞬、

 

キラキラとした、

ハレの部分だけを

切り取って、

掲載されている

情報のカタマリ。

 

 

それは、

頭の中では、

よく理解しているつもりだけど、

 

つい、

画面の中のあの人と、

自分を比べてしまう。

 

 

私の知り合いで、

自分ブランドを確立する

コーチングを専門にしている方が

いらっしゃいます。

 

 

その女性は、

プロのコーチですから、

 

普段から

自分のマインドや、

自分の思考は、

十分に整えている人です。

 

 

その女性が、

注目している

婚活コーチングの

女性がいるそうです。

 

婚活コーチは、

リアルコーチングや

セミナーでかなり活躍しているようなのですが、

 

その活躍ぶりを

Facebookやブログを介して、

見るたびに、

焦りやライバル意識を

感じていたそうです。

 

「自分だって出来るのに。」

「キラキラしたブログで射幸心を煽りすぎじゃないか。」

FaceBookの『いいね』の数がいつも勝てない。」

「私だって!もっと!活躍出来るのに!!」

 

 

ですが、

ある日、偶然、

ホテルのラウンジで、

 

その彼女の

リアルなコーチングの様子を

目にした時に、

 

「何だ、自分とやっていることは同じのだ。」と

思ったのだそうです。

 

 

在り方、考え方、魅せ方が

違うだけ。

 

媒体の使い方の感覚が違うだけで、

 

現実の彼女がやっていることは、

自分と同じ、

結局、地味な作業の繰り返し。

 

 

SNSに映る姿は、

みんな兎角、

特別に見えるけど、

 

 

そんな人たちも、

地味な毎日をコツコツと

繰り返している。

 

 

望む自分は、

キラキラとした

ネットの世界ではなく、

 

 

朝起きて、

顔を洗って、

会社に行って、

仕事して、

ご飯食べて、

家に帰って、

家事をして、

お布団に入る。

 

 

こういう、

淡々とした

現実の中にあるのです。

 

 

淡々とした生活の中から、

とことん自分と対話をして、

初めて見出せる、

リアルな世界にいる、

本当にキラキラとした自分。

 

 

どんなに覗き込んでも、

SNSの中に、

本当の自分はいません。

 

 

リアルの毎日に自分がいます。

 

 

スマホの画面から、

少し目を離して、

自分と向き合うと、

なりたい自分に会えそうです。

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。