自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

自分の直感を信じてチャレンジしてみることも大切

f:id:erumo0225:20160917185000p:plain

 

今日は

続けることとチャレンジすることのお話。

 

お友達から、

 

「実は、今日で今までのメルマガを止めて、

もっと興味があることの配信を始めることにしたの。」

 

と、連絡をもらいました。

 

お友達は、

二年間、毎日、

 

止めることなく

ずっと配信を続けていました。

 

お正月もお盆も

毎日、毎日。

 

しかも、

この方は、

予約配信や、

一括配信は使わずに、

 

毎回、毎回、

自分の手で、

 

毎回、毎回、

リストの人達に、

手作業で送っていたのです。

 

時間にすると、

15分ほどかかるとか。

 

「せめて予約配信にしたら。」と

勧めたこともありませいたが、

 

「予約配信の方法も良くわからないし、

一人ひとりのことを思いながら、

送る方が良いから」と言って、

 

ひたすら自分で送ることを続けていました。

 

そんなメルマガですから、

お友達も

「愛着があるから少し寂しい。」と

言っていました。

 

だけど、

自分の正直な気持ちは

変えられないと。

 

今は、

自分が始めた、

新しいことに

 

チャレンジをしたい気持ちで

いっぱいだと言っていました。

 

 

子供の頃から、

「一度始めたことは、

最後までつづけなさい。」と

 

学校の先生や

親から言われてきました。

 

継続は力なり。

 

続けていくことが

力となって、

 

小さな小さな一歩の連続でも、

長いめで見れば遠くまで

行くことが出来ます。

 

続けること自体が

才能であったりもします。

 

ですが、

自分自身が

「もういいかな。」

 と思う瞬間もあると思います。

 

そういう時は、

思い切ってやめてみるのも

良いと思います。

 

やめることによって、

新しい何かに

気が付くかもしれませんし、

 

全く別のことが、

突然降って来るかもしれません。

 

何かを手放すことによって、

その握っていた手が空いて、

 

そこに新しいものが入って来る。

 

人生は手放すとつかむの連続だと思います。

 

取っては捨て、

また、取るけど、

やっぱり捨てる。

 

これでは、

最後まで

何も身に付きませんし、

 

ふらふらしている人生に

なってしまいます。

 

 

かと言って、

ずっと同じものを握りしめて

いれば良いということでも

ありません。

 

手放すことによって、

チャンスがつかめるかもしれません。

 

 

握っているものを

眺めて観察して、

 

「これ、もういいかな。」と

手放すことによって

変化する、

 

一回握ったものを

眺めて観察して

 

「もう少しそばに居て」と

握り続けていても

変化する。

 

 

握っていること、

手放したことに

 

安心しないで、

次のことを考える。

 

 

何よりも

怖いことは、

 

その場にとどまり続けることです。

 

 

人生は変化の連続です。

人生はチャンスの連続です。

 

「チャンスの女神さまに、前髪はない。」と

 

チャンスがいつ目の前に来ても

準備が出来ているように

普段から心がけてと言われますが、

 

実は、

チャンスの女神さまは、

 

チョイチョイ

私たちの前に現れます。

 

それも

結構、頻繁にです。

 

 

女神さまは、

私たちに優しいのです。

 

けど、

両手がふさがっていたら、

前髪はつかめません。

 

いつ、

両手を空けるのか、

 

いつまで、

両手を塞いでおくのか。

 

その見極めが

大切だと思います。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。