読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしいミニマリスト

頑張るをやめたら あっという間に人生が良くなり始めました  完璧主義を手放しながら 自分らしい人生を楽しんでいる毎日を書いています

食べ物もシンプルな暮らしを意識してみると、意外と便利さも悪くないかも

 

f:id:erumo0225:20160906211916j:plain

今日は普段の食事や

食べ物のお話。

 

 

食事は摂らなくても、

水は飲まなくても、

 

お菓子であれ、

サプリメントであれ、

ジュースであれ、

コーヒーであれ、

 

私たちは、

毎日、毎日、毎日、

何かしらのものを

自分の身体の中に

入れています。

 

 

そして、

私たちは、

自分の身体中に入れている

その何かしらものから出来ています。

 

 

以前の私は、

そうではないと思っていました。

 

自分の身体は、

もともと生まれた時から

持っているもので、

 

それは生まれ落ちた瞬間から

何年経っても

変化したり、

入れ替わったりは

しないと考えていました。

 

 

ですが、

 

器である自分の身体は、

外側はほとんど変わらなくても、

 

内側の

筋肉とか

骨とか

脂肪は、

毎日毎日、

少しずつ入れ替わっています。

 

 

そして、

 

何で入れ替わるかと言うと、

今、自分が身体に入れるものと

入れ替わるのです。

 

 

そうなると、

自分が身体の中に入れるものって、

とっても重要ですね。

 

 

身体の中に入れるものが、

脳や筋肉、内臓や骨を作るのですから。

 

 

私たちのパフォーマンスは、

自分の能力によるものですが、

 

その能力を発揮する道具は

自分の脳や身体です。

 

どんなに能力があっても、

 

使う道具が良くなければ、

そのパフォーマンスは、

 

使う道具のポテンシャルに

見合ったものになります。

 

 

道具の

メンテナンスや管理も

最大限の能力を発揮するために

重要です。

 

 

今は、

 

スーパーやデパートでは、

オーガニックや無農薬、無添加など、

 

健康や環境に配慮した食品が

たくさん並んでいます。

 

 

こういったお店だけでなく、

コンビニでさえも、

オーガニックや無添加の食品を

たくさん取り扱ってくれています。

 

 

オーガニックや無農薬。

そこまで拘る必要はないかもしれませんが、

 

自分で作った食事、

 

野菜、肉、魚、穀類など

バランスを意識した外食、

 

野菜を取り入れたコンビニのお弁当。

 

 

今は、日本は、

24時間いつでも食べ物が手に入る

便利な世の中です。

 

 

その、便利さを今まで、

当然のように享受してきたため、

 

これに甘えて

私たちは普段の大切な食べ物や飲み物を

つい軽んじてしまうことがあります。

 

 

そんな時代だからこそ、

その便利さを嘆くのではなく、

批判したりするのではなく

 

むしろ、これを

違う意味での利点と考えてみる。

 

 

ちょっとした工夫で、

身体に配慮した食事を摂ることが出来ます。

 

 

今の自分の食事。

 

 

気になる人は少し見直してみると

いいかもしれません。

 

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。